*
とじる
*
とじる
*
とじる

フライドポテトってこんなオシャレなのか!フライドポテト専門店「The Happy’s Potato」がオープン!

ライター:ちえ ちえ

7月16日に、熊本市役所裏にフライドポテト専門店が開店したとの情報をキャッチ!

「でも専門店といっても、今までいろんなフライドポテト食べてきたし、大体想像はつくよねぇ」なんて思っていたら、ところがどっこい!「The Happy’s Potato」は、予想をはるかに超えるおいしさと楽しさだったんです!!


ポップでおしゃれなお店

お店の場所は熊本市役所裏のいちのいち通り沿い。「Tettorino(テットリーノ)」の向かい側にあります。かわいいポテトのキャラクターがついた黒い看板が目印です。

お店に入ると、笑顔が素敵な若いメンズスタッフが出迎えてくれて、商品のことも丁寧に説明してくれます。

じゃがいもだけじゃない!選んで楽しいシステム

こちらのフライドポテトは、食べるスタイルと、お芋の種類&カット、ソースが選べるシステム。

まずは、持ち歩けるパレットタイプか、ボックスタイプ(ポテト・ディップ各2種類)かをチョイス。

次に、ポテトの切り方を選びます。じゃがいもだけかと思っていたら、なんと山芋や里芋もあって、好奇心がくすぐられます。

ディップソースは8種類から選ぶことができます。定番のトマトケチャップから、マーマレードソースなどの変わり種まで…。「どれもおいしそうだけん、1つには絞りきらーん」という人は、120円(税込)でソースの追加もできちゃいます。

フライドポテトの枠を超えたハピポテ

せっかくなら珍しいものを食べたい派の私は、パレットタイプのハーフムーンカット(山芋)にカムバックソースをオーダーしてみました。これだけ聞くと、なにがなんだかわかりません。

注文と同時に、奥のコンロで手際よくお芋を揚げてくれます。

「持ち歩く場合はここに親指を入れて、こうやって持って下さい」とスタッフ。

実際に持ってみると、ソースも一緒に片手で持ち運べて、新しいスタイル!クレープのような形で、木製のフォークもついているので、手を汚さずに食べることができます。

ピクルスにローズマリーまでトッピングされていて、まあおしゃれだこと!

実際にソースをディップして食べてみると…

お、おいしい…!これは予想を超えてきた!!

御船産の山芋には、ハーブソルトが効いた薄い衣がついていて美味!それに、ちょっとスパイシーなソースが合うー!衣には米粉を使われているそうで、もっちりとした食感も納得。カムバックソースは、オーロラソースをベースに、スパイスやハバネロを入れて作られているそうです。

まとめ

これまでのフライドポテトの概念を覆す、遊び心満載の「The Happy’s Potato」。チキンなどのサイドメニューやドリンクもあり、1,000円以上からは配達も可能とのこと。今後、ポテトのパレットを持って街を歩く人が増えるのか、注目のお店です。

The Happy's Potato

営業時間

11:30~翌1:00

配達時間

20:00~翌1:00

SNS

Instagram

電話番号 096-352-5190

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal