*
とじる
*
とじる
*
とじる

下通り近くの「コスプレBar らぴすらずり」は、コスプレ好きじゃなくても楽しめるのか確かめてきた

キーワード:

みなさんコスプレに興味はありますか?

コミックマーケットをはじめとしたイベントや、10月のハロウィンなど、この数年でコスプレ人口は更に増している気がします。

そんな折、熊本市中央区下通りに、コスプレバーがあるというお話を聞きました。その名も「コスプレBarらぴすらずり」

決して偏見があるわけではありませんが、私は正直コスプレにそこまで興味はありません。

ただ、コスプレバー自体はどんなお店か気になる。すごく気になる。

気になるコスプレバーを、自分の目で見て確かめるため、実際にお店へ向かうことにしました。


とりあえずお店の近くまで来てみた

実際にお店の近くまで向かいましたが、まだ葛藤しています。

しゅん

いや、自分の目で見て確かめるとは言ったけど、果たして本当に楽しめるんか。やっぱり不安になってきた。

まだ不安や葛藤が入り混じった複雑な気持ちですが、ここまで来たので行きましょう。

お店の入っているTM-12ビルは、下通りアーケードから東銀座通りに入ると右手に見えてきます。

下通りアーケード内のマツモトキヨシさんから曲がって、東寿通りを進んで左手にもビルが見えます。こちらからでもビルに入ることができます。

エレベーターで5階まで上がると、すぐにお店がありました。

シルバーの壁と扉に、アニメキャラのポスターやファイルが貼ってあります。目立つのですぐにわかりました。

いざ店内へ!

しゅん

うわっ!広い!

思っていた以上の広さにびっくりしました。

ダーツもできるぐらいの広さです。

店内には4つのモニターがありました。カラオケもできるとのこと。

仮面ライダーもいました。

入店時は新型コロナウイルス対策として、うがいやハンドジェルがご用意されていますのでご利用ください。

透明なカーテンも設置してあったり、衛生環境にも気を遣われています。

実際に着席してみる

まずはメニューを確認。飲み物の種類は豊富ですね。

新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイのコスプレをした、ぎちさんとお話をしてみることに。

フフッと自然と笑みがこぼれていました。

しゅん

結構楽しいかも知れん。

私もエヴァ好きなので話が弾みました。普通に楽しんでいます。

定期的にイベントあり!店長の気まぐれで手作り料理が出ることも!

こちらが店長の吉永さん、通称よっしーです。

お店は2018年4月にオープンしたそうですが、どうしてコスプレバーを?「らぴすらずり」の名前の由来は何?

早速よっしーに聞いてみました。

よっしー

「らぴすらずり」をオープンする際に、自分自身アニメなどが好きだし、他店とは違うことをしようと思ってコスプレバーを開きました。

店名もアニソンの曲名からと、宝石のラピスラズリが好きなので、その2つが由来です。

「らぴすらずり」の名前にもやっぱり、アニメが関係あったんですね。

あと今更なんですが、アニメにあまり詳しくなくてもお店に来てもいいんですか?

よっしー

確かにお客様はアニメが好きな方が多いですが、20代〜50代くらいまで幅広いお客様が来店されます。

定期的にカラオケイベントなどをやったり、その時の気分で私が趣味の料理を作ることもあります。

アニメが好きでなくても、ぜひご来店ください!

イベントの情報や料理の情報は、Twitterで発信されているそうなので要チェックです!料理はカレーや餃子が振舞われるんだとか!

そういえば、コスプレってどのくらいの種類があるんですか?

よっしー

コスプレの種類は4〜50種類あります!自前のコスプレで来る従業員もいますよ。

季節によってコスプレも変わりますので、時期によっても違いが楽しめます!

4〜50種類もあるんですか⁉︎そんなにあるとは思いませんでした…。

コスプレの奥深さを知った気がします。

まとめ

最後はぎちさんと、ソーシャルディスタンスに気をつけた、エアーハイタッチでお別れしました。

・「コスプレBar らぴすらずり」は、コスプレ好きはもちろん、コスプレ好きじゃなくても楽しめる

・タイミングが合えば、よっしーの手料理が食べれる

・イベント楽しそう、行ってみたい

この3点が分かりました。

気になる方は、ぜひお店へ行ってみてください!

コスプレBar らぴすらずり

住所

熊本市中央区下通り2-1-22 5F

営業時間

20:00〜Last

定休日

不定休

Twitter

https://twitter.com/rapisu0406

電話番号 096-342-5522

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal