*
とじる
*
とじる
*
とじる

スイカ!田原坂!ウエッキー!

このCM三拍子で思い出される町といえば?

そう、植木町です。

この度、私Ruyの地元として有名なスイカの名産地として有名な植木町に、新規オープンするお店があるとの情報が!

これは、地元民として取材に行かねば!

ということで、我らが肥後ジャーナル、日本で一番最初に取材させていただきました!


店主はイケメン敏腕経営者!

新規オープンするお店、その名も「美ら(ちゅら)さんうどん」。

看板に波しぶきをモチーフにしたロゴが描かれています。

場所はマルキョウの裏、通称「酒場通り」。

この通りの一画に美らさんうどんがオープンします。

こちらが店主の田中佳樹さん。

ワイルドな面持ちの高身長イケメンです。

この酒場通りという名前、実は佳樹さんが命名されたとのこと!酒場通りの生みの親です。

それでは店内へ。

お店入って左側にはカウンター席。

こちらは7席ございます。

間接照明が、バーを彷彿とさせるようなお洒落さを演出。

カウンターの後ろには、テーブル席。

2人掛けの席が2つ、4人掛けの席が3つ。

カウンター席と合わせると23名入ります。

またテーブルを引っ付けて団体客用にすることも可能。

団体でお越しの際は、予約していくと良いでしょう!

木目調の店内、落ち着いた雰囲気が漂います。

こちらはカウンター横の小窓。

調理場を見えるようにされていることから、提供するうどんが安心・安全であることが伺えますね!

写っているのは店主の佳樹さんと、お店の名前の由来にもなった娘の美らちゃん。

天真爛漫な笑顔が素敵です。

実は佳樹さん、美らさんうどんだけでなく、

沖縄料理 酒盗

HAPPY FISH

居酒屋とバーの2店舗も経営されている、ヤリ手の経営者なのです。

こちらの2店舗も同じ酒場通りで、美らさんうどんの道向かいにあります。

酒盗で飲んで、HAPPY FISHにはしごして、美らさんうどんで締める。これが「植木飲み」の定番となることでしょう!

そんな敏腕マスターが営む美らさんうどん、どんなメニューが提供されるのでしょうか?

食事にも〆にもピッタリ!美味しさ沁み渡る讃岐うどん!

気になるそのメニューがこちら。

提供されるメニューは「讃岐うどん」。

〆に食べるものと考えた時に、ラーメンよりもうどんの方が食べやすいのではないか、そして店主自身も讃岐うどんが好き、ということから讃岐うどんの提供をされています。

かけうどんの(温)と(冷)、肉うどんがあり、トッピングが日替わり。

日替わりなので、行く度に違う味が楽しめますね!

さらに「肉ラー油とろろ付けうどん」といったメニューもあります。こちらは限定30食。

今回はかけうどんの(温)と肉うどんを頂きます!

まずは(温)から。

麺はどちらかというと細め。

程よくコシがあり、ツルっとしててのど越しも良く、食事としても〆としても合います。

透き通ったスープに浮かぶシーサーのかまぼこが何とも愛らしいです。

スープの出汁はアゴ、利尻昆布と日高昆布、鰹節を使われおり、口に含んだ瞬間に昆布や鰹の風味が広がります。体中に沁み渡るような温かさで、〆に抜群!

隣で寄り添ってくれるような、優しさ溢れる味わいです。

テーブルに常設のトッピングがこちら。

とろろ、天かす、奥のタッパには生姜が入ってます。

トッピングを組み合わせることで、

このように自分好みのうどんにできるのも、かけうどんの魅力のひとつですね!

お次は肉うどん。

器の半分を占めるほどの肉の量!

白髪ねぎの下に、うどん麵が顔を覗かせます。

ワイルドな肉の量とねぎのシャキシャキ感で、満足すること間違いなし!

ランチで食べたら、午後からも元気に仕事頑張れそうです!

また、うどんだけでなく、おにぎりだし茶漬けといったご飯ものもあります。

飲んだ後の〆に、だし茶漬けが沁みそうですね!

他にも肉まんなど持ち帰って食べられるものも提供されています。

さらにメニューをよく見てみると、

テ、テキーラ…!?

ぜひ、我こそは酒が強いぞ!という方は挑戦されてみてはいかがでしょうか!?

あ、いや、わたくしはその…弱いので…

くれぐれも、飲み過ぎにはご注意を。

思いは植木町の発展!地元民に愛される美らさんうどん!

田中さん親子3人、仲睦まじいですね!

店主の佳樹さんも奥様の千尋さんも、「植木町を盛り上げていきたい」。その一心で、沖縄料理 酒盗、HAPPY FISHを経営されいます。そして、今回新たにオープンする美らさんうどん。植木町の発展を願うのは、田中さんご夫婦だけではありません。

経営されているお店の常連様方!

プレオープンの日にもお伺いしたのですが、こんなにもたくさんの常連様、そしてスタッフの方々で賑わっていました!

皆さん、美らさんうどんのオープンを楽しみにされていたと同時に、誰しもが植木町のさらなる発展を願っています。

たくさんの方々の思いを胸にオープンされた、美らさんうどん。

その熱い思いの込められた味、ぜひ一度ご賞味ください!

美らさんうどん

営業時間

ランチ 火~日:11時~14時半

ディナー 火~木・日:18時~21時半

ディナー 金・土:18時~命燃え尽きるまで

定休日

月曜日

SNS

沖縄屋(@okinawaya1004) • Instagram写真と動画

ライター紹介

Ruy

Ruy

ファッションとアイドルが好きな純熊本人。人当たりが良いと言われることが唯一の長所ですが、写真では伝わりにくいのが難点です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal