*
とじる
*
とじる
*
とじる

創業そろそろ50年!懐かしい洋食に出会える店「洋食 たからぶね」のオムライス!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

JR上熊本駅から道を挟んで向かい側、洋食を提供し続けて45年以上の老舗洋食店「たからぶね」、

ハンバーグ、チキンカツ、エビフライ、タンシチュウなどなど、様々な種類の美味しい洋食を提供されていますが、その中でもまた長年に渡って愛されているのが、誰もが大好き「オムライス」です!


いつの時代も愛された絶品の洋食!

歴史を感じる店舗ですが、それだけ趣があり期待してしまいますり

この看板の洋食メニューもまだ一部!それでもオムライスとカツ丼とタンシチューなど魅力的なメニューが並びます。

店内も昔ながらの洋食店といった雰囲気。このレトロさが昭和の洋食店のイメージを思い起こします。

お客さん はご年配の方から学生風の若い女性まで幅広く、美味しい洋食に世代は関係ありません!

王道メニュー「オムライスセット」!

注文したのは定番のオムライス。ふわふわの玉子に心が躍る!美味しいオムライスが食べられたらその日はずっと幸福感が得られます。

手間ひま掛けて作られるオリジナルのデミグラスソース!

一口食べただけで、「うまい!!」とつい口にしてしまいます。

深いコクとまろやかさが口いっぱいに広がります。

デミグラスソースの色合いがまるでカレーのように濃く、味わいも濃厚!

ふわふわトロトロの玉子の部分と、濃厚な味わいのケチャップライスが絶妙にマッチしていて、もう食欲が止まらない!

オムライスセットのサラダとスープもついてきます!

一度食べたら確実にリピーター確定!心が豊かになれる洋食店!

金額はどれも控えめの大衆洋食店ですが、メニューによっては高級店に引けを取らない自慢のグルメが食べられますよ!

今回は最高のオムライスをいただきましたが、次はぜひ「タンシチュー」を注文したいと思います。想像しただけで心が躍る洋食店でした!

■なつかしい洋食店 たからぶね■

住所:熊本市西区上熊本3-3-6

電話:096-355-7080

営業時間:11:00〜21:00

定休日:不定休

地図

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal