*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本のお店巡り~塩パンブームに迫る~⑤さくらブロート編

ライター:りよう りよう

この塩パン企画、早くも5回目を向かえまして、食べた塩パンの数が30個を越えました。

心なしか顔が塩パンみたいになってきました。
( ´)Д(` )←今はこんな感じの顔をしてます笑

今回ご紹介させて頂くのは長嶺南にある【パンの家さくらブロート】さんです。
20150526180814495.jpg

場所はというと、、、228号線を、、、小峯2丁目の交差点、、、から北東に、、、う~ん(–;)(当方ドのつくほどの方向音痴の為よく説明できません)

要はここです
20150526180844861.jpg

(´-`).。oO便利な時代になったなぁ~ありがとうGoogleマップさん。

お店の名前はさくらブロート。
この「ブロート」という単語、パン屋さんの名前では使われていることが多いのですが、
意味は

ヴァイツェンブロートとは、ドイツの小麦パン。ヴァイツェン(Weizen)とは小麦という意味。大きいものはブロート Brot、小さいものはブレートヘン Brötchen と呼ぶ。

とのことです。

(´-`).。oO便利な時代になったなぁ~ありがとうWikipediaさん。

そんな他人まかせの僕がなんとか自力でたどり着いた(カーナビに頼りましたがw)このお店

5ed04eb4.jpg

20150526181845750.jpg

佇まいも大変オシャレでまさにパンの家
って感じです。

a32c3ee7.jpg

店内もコンパクトにまとまっていて、探しやすいです。

塩パンを探そうとしていると店員さんがいらっしゃったので

りゆう「このお店で一番人気はどのパンですか?」

店員さん「やっぱり、そちらの塩パンです」

恐るべし、塩パンブーム

ここでも人気者になってる。

新参者が一気にNo.1になってしまうと、古株のカレーパンやクリームパンも内心穏やかじではないんじゃないかと勝手に心配になってきました。

そんな塩パンにNo.1の座を奪われた?No.2がこちらです
20150526185733598.jpg

こちらも滅茶苦茶美味しいです。

そして王座の塩パン様がこちら
01956500.jpg

パンの名前もよくある[塩パン]や[塩バターロール】ではなく、ヒマラヤピンクソルトのパンとのこと。

そんなヒマラヤピンクソルトをクマモトピンクメン(下ネタ失礼!)の僕が食べてました。

塩の味も小麦の味もしっかり感じられる、食べごたえのあるパン
といったかんじでしょうか。
お店の食材に対するこだわりを感じました。

f57bb5e0.jpg

こちらのお店は、パンだけではなく、様々な自然食品も販売されております。

そんな食材にこだわったパンを作られている【さくらブロート】さん、安心安全なパンを食べたいとお考えの皆さんも是非行かれてみてはどうでしょうか?

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

最近、存在感が低下している肥後ジャーナルの元編集長です。今何してるんですか?とよく声をかけられますが一生懸命生きてます。 登場した際には温かく見守ってください

このライターが書いた他の記事

熊本で唯一SIMフリーiPhoneが発売日に購入できるお店を発見!意気込んで早朝から並んでみた

2020.11.13

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

和牛焼肉LIEBE×とんかつ勝烈亭×KAEN×天草福伸の4社合同オードブルで「茶色いものは大体美味い」が実証されました。

2021.06.04

あの「とと家」がスタイル一新!今度はオーダー制であれもこれもぜ~んぶ食べ放題

2021.05.27

PUBLIC RELATIONS

和牛焼肉LIEBE×とんかつ勝烈亭×KAEN×天草福伸の4社合同オードブルで「茶色いものは大体美味い」が実証されました。

2021.06.04

あの「とと家」がスタイル一新!今度はオーダー制であれもこれもぜ~んぶ食べ放題

2021.05.27

英太郎のかたらんねプロデューサーVS肥後ジャーナル編集長 【熊本の情報はうちが一番やろバカタレハナタレが!】

PR

2021.05.23

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal