*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本のお店巡り~塩パンブームに迫る~⑪パンダイゴ編

ライター:りよう りよう

阿蘇は高い!!!

もちろん阿蘇山の標高ではなく、食べ物のレベルの話しです。

パン屋さんだけではなく、飲食店全般的に、美味しいお店が多いと感じます。

観光客も多く競争が激しいことや、阿蘇の恵まれた自然の中で作られた食材や水がいいこともあるのでしょう。

そんなレベルの高い阿蘇でも不動の人気を誇るのが、今回ご紹介する南阿蘇にお店を構える【パンダイゴ】さんです。

07c36f3d.jpg

a1df456c.jpg

場所は熊本市内から県道28号線を西原方面に北上し、南阿蘇へと進みます。Yショップ手前を左折すると左手に見えてきます。
a452c1d3.jpg

さて、店内に入ると塩パンを発見!!!

43788fd8.jpg

大きい!!!

しかも5種類もある
右から
・プレーン
・枝豆
・ナポリ
・ベシャメル
・黒カレー

プレーン、枝豆、黒カレーは分かるけど、ベシャメル?ナポリ?

ベシャメルはホワイトソースを牛乳で溶きのばしたものだそうです(周りに聞いたらみんな知ってました恥)

ナポリは?ですが、食べた感じとしては、ピザソースがベースになってるようです。

プレーンも美味しいですが、個人的に好きなのは黒カレーでしたね

5種類、全色?買いする価値アリです八分音符

こちらのお店は塩パン以外にも美味しいパンが沢山売ってあります。
しかも、他所のお店ではなかなかお目にかかれないようなオリジナリティー溢れるパンが多いです。

026424b4.jpg

82b4450c.jpg

代表的だったのがこちらの2つ「カヴァロ」と「アスパラと生ハム」です。

パンダイゴさん天然酵母はもちろんのこと地産地消にもこだわりがあるとのこで、地元の素材を生かせるようなパンを作られてるとのことです。
阿蘇の多士済済の食材を生かしてくれています

そして、今回一番オススメしたいのがこちらのパンです
145cedd5.jpg

唯一無二にして国士無双のパンがこちらの「小ネギとオイルサーディンのピゼッタ200円」です。

もう一目瞭然で写真からでも美味しそうなのが伝わるかと思います。

味としてはイタリアンっぽくて、オイルサーディンのピザに小ネギのトッピングがいい感じです。

まさに和洋折衷

76c04b64.jpg

中にはイートインスペースもあり、その場で食べることもできます。

4fe96c10.jpg

しかもコーヒーは無料!!!
大盤振舞!!

afc33f7f.jpg

いかがでしたでしょうか?
南阿蘇にある【パンダイゴ】さん

どのパンにも天然酵母というキーワードのもと味に妥協のない職人さんのこだわりを感じますし、素材とのフィーリングがとてもあっています。

そんな職人さんの熱烈峻厳な気持ちが沢山つまったパンを阿蘇の山紫水明な景色とともに召し上がられてはいかがでしょうか?

お店の詳細
DC0BFBFE-1435-4AF1-A088-E6DF190611DC.png

詳しくは
ホームページをご覧ください

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

最近、存在感が低下している肥後ジャーナルの元編集長です。今何してるんですか?とよく声をかけられますが一生懸命生きてます。 登場した際には温かく見守ってください

このライターが書いた他の記事

熊本で唯一SIMフリーiPhoneが発売日に購入できるお店を発見!意気込んで早朝から並んでみた

2020.11.13

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal