*
とじる
*
とじる
*
とじる

今日のご飯はなあに?新町のお母さんが作るおうちごはんを「Milk hall天の川」でいただきまーす!

今日のご飯はどうしよう、もう一品欲しいわね…。

そんな時、お店のご飯を食卓のもう一品に加えてみるのはどうでしょうか?

「Milk hall天の川」でお持ち帰りもできるおいしいご飯を食べてきました。


市電の音がコトコト、橙色の鮮やかな建物

場所は熊本市電新町駅から蔚山町側に見て向かい側、鮮やかな橙色の建物。お店の前を市電がゆっくり通っています。

こちらが「Milk hall天の川」

さあ!素敵なガラスがはめ込まれた素敵な扉を開きましょう。

ゆっくり過ごしてもらうために

お店に入ると「いらっしゃいませ!」と明るい声が。

声の主は店主の貴照(きしょう)さん。

思わず「ただいま!」と言いたくなってしまう、親しみを感じる優しい笑顔で迎えてくださいました。

お席に案内していただきメニューを見ると「ん?」

「ご来店されたお客様には手洗いうがいをお願いしているんですよ」との事。

店の奥にあるオシャレな洗面台にはハンドソープとうがい薬が置いてありました。

私たちも手洗いうがいをして席に着きます。

「扉も換気のために少し開けて、1時間に1度は扉を全開にするんですよ」

来店されたお客さんに安心して寛いでもらえるよう、貴照さんのご配慮が伺えます。

今日のメニューは今日決める!「おまかせプレート(税込700円)」

さてさて、何を頼もうかな?

悩んでいると

「おまかせプレートを!」

「おまかせプレートお願いします」

空気を読んで、私もおまかせプレート(税込700円)お願いします!!!

天の川に来店するお客さんがよく頼まれる「おまかせプレート」。

毎日メニューが違うそうです

お伺いした日は「広島産のカキフライとナスの天ぷら」でした。

メニューの下に記載されているのは本日の料理に使われている食材の調達先。食材は新町にあるお店から調達されています。

おまかせプレートのメニューは貴照さんがその日の冷蔵庫事情と新町のお店の仕入れ状況、そしてお天気や気分で朝から決められています

ですので毎日通っても同じメニューはありません。

ただし一品だけ

この大人気のチキン南蛮だけは「月に1回のチキン南蛮の日」が設けられています。

日にちは未定、貴照さんの気分で決まりますのでその日に来店できた方はラッキーですよ~!

テイクアウトもOK!新町の美味しいものを食す!!!

運ばれてきた「おまかせプレート」

いただきます!と食べ始めようとすると

「お味噌汁!飲んでみてください!野菜のお出汁がしっかり効いているでしょう?」

「天の川の料理は化学調味料を一切使っていないんですよ

貴照さんがおっしゃる通り、お味噌汁は野菜の優しい味が。

カキフライトとナスの天ぷらは衣がサクサクお味が濃厚でとてもおいしかったです。

おすすめのもう一品、ふわふわ煮込みハンバーグ(税抜き900円)も絶品でした!

ライター

優しい味ですね

貴照さん

天の川のごはんは「おうちのご飯」なんです。自宅のご飯と似てるでしょう?

確かに!!おうちに帰って、お母さんやお父さん、家族が作ってくれたご飯に似ている。

お隣のマダム

ここのご飯を、食卓のもう一品に、って持って帰る人も多かとよ

お持ち帰りができるですって!!??

こちらがメニュー表になります。

通常お持ち帰りは14時からとなっていますが、現在はおうちランチやご家庭のお食事をもっとサポートされたいという思いで、開店時間の11時30分からご利用いただけます。

定食をお持ち帰りもできますし、おかずだけをお持ち帰りもOKとのこと。

また当日ご注文いただいてご用意することもできますが、お渡しするまでにお時間をいただいてしまうのでぜひお電話でのご予約をお願いします。

ごちそうさま!明日のご飯は何だろうなぁ?

「ごちそうさまでした」と席を立つとカウンターに手作りマスクが置いてありました。マスク不足がますます進んでいる今だから必要な方にぜひ使って欲しいとの事でした。またこのマスクの売り上げは貴照さんが運営されている自閉症やダウン症の子供たちを支援する「ひまわり食堂」の活動費に利用されます。

お店に入ってから帰る時まで、店内には貴照さんとお客さんの楽しい会話と笑い声が溢れていました。常連のお客さんも初めていらしたお客さんも、天の川で一緒にご飯を食べたら、それはもう家族の食卓になります。

今日の献立に迷った時にお持ち帰りでもう一品、今日は誰かとおうちご飯を食べたい時は貴照さんやほかのお客さんと一緒に。

「Milk hall天の川」は皆さんのお腹と心にそっと寄り添ってくれます。

Milk hall 天の川

営業時間

11:30~21:00(オーダーストップ20:30)

定休日

日曜・祝日

住所

〒860-0004

熊本市中中央区新町2丁目4‐22‐1

電話番号 096‐200-7100

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

とにかく午後の紅茶で美味しい茶碗蒸しできたから伝えたい。

2020.09.20

八代にナポリがあった!?「Garden&Cafe Sugar」でリゾート気分を味わってきた

2020.08.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

PUBLIC RELATIONS

水俣市湯の児にある「亀万」という津奈木町の酒蔵をパクったような名前の居酒屋に最高の食と出会いがあった!

2020.09.20

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal