*
とじる
*
とじる
*
とじる

暑いですね。暑くて食欲がなくなりますが、決して痩せません。どうしてでしょう。

そんな暑くて食欲がない時でも食べられる、ケーキのようなパンを発見しました!


ハード系もソフト系も何でもある!

昼食の時間を過ぎてしまって、1時過ぎにウロウロしていると、新屋敷の住宅街の中にパン屋を発見。これね、パン屋って知っていないとわからない、おしゃれな外観です。

セレクトショップの様な外観。

パンって書いてないんです。思い切って入ってください。

店内に入ると、ズラリとパンが並んでします。お昼を過ぎてこのラインナップはうれしい!

ハード系のバケット、フランスパンやデニッシュなどが並びます。

メロンパンやアンパンなどソフト系のパン、ベーグルや塩パンなどもあります。

巷の高級食パンの2倍のバターを使用した食パンの「佐藤」

このお店一押し商品だそう。

冷蔵庫にはひんやりパンも並んでいます。

悩んだので、お勧めを聞いてみた。

ナンバーワンは食パン「佐藤」

続いて「フォカッチャの夏野菜」野菜がモリモリです。

次は「キューズ」クエスチョンマークのようなパン。

チーズとクランベリーのパンなんですって。

そしてこの夏お勧めは、ひんやりパン。

この「シトロン」まるでケーキ。奥の丸いパンは贅沢に半分の「モモ」が乗っています!

ひんやりパンは他にも、モモのデニッシュ、冷たいクリームパン、冷たいアンバター、マリトッツォなどもありましたよ。

おススメの商品を購入しました!

左上から時計回りに「冷やしクリームパン」「モモのデニッシュ」「フォカッチャ夏野菜」「キューズ」

食パン「佐藤」も。この食パンは1斤と半斤で販売されており、「何枚切り」などカットはされていませんので、お好きなサイズに切り分けて食べる事が出来ますよ。

食べてみた!

冷やしクリームパンは生カスタードがたっぷり!オレンジピールがさわやかな風味で甘ったるくなくペロリと食べられます。

続いて「MOMO」。モモを半分使用し、中に生カスタードがたっぷり。バターたっぷりのデニッシュに乗っているので、バターの香りとモモの相性がとてもイイ!

フォカッチャ夏野菜は、文字通り野菜たっぷり。

トマト、ナス、アスパラ、かぼちゃ、ブロッコリーなどなど、もっちりしたフォカッチャと野菜のシンプルな味。ブラックペッパーがアクセントになっていて、食べやすい!

キューズはぐるっとクリームチーズが入っていて、クランベリーと相性抜群。

食パン「佐藤」はずっしり、モチモチ。

見た目は食パン、食べたらバターたっぷりでデニッシュのよう!

すこし甘めでバターの香りが良いので、何もつけずにそもままでも、少し焼いても美味しくいただけます。

まとめ

オーナーの佐藤さんは、20年以上パン屋さんをしており、以前は北区でお店をされていたそうですが、6年ほど前にこの場所に移ったそう。

食パン「佐藤」はオーナーのお名前。なぜご自分のお名前を??とお聞きすると、どこにも負けないパンを!という思いでご自分のお名前を付けられたそうです。

実は佐藤オーナーのご実家が川尻の有名店「ガトーアンリー」であることから、父が作ったパンを幼少期より食べていたことで食パンにはこだわりがあるそう。

バターを通常の2倍使用するなど、食パンの概念を覆す食パンでした。

駐車場も4台ほどありますが、店内が狭いため、4人ほど入るといっぱいになります。駐車場が満車の場合は時間をずらして行かれる事をお勧めします。

食欲がない暑い日にひんやりとしたパンを食べてみてはいかがでしょうか

ブロートハオス シンヤシキ

営業時間

午前 8:00~ 18:00

定休日 月曜日・火曜日

電話番号 096-342-4710

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ほっこりする家庭的なランチがいただける細工町の「ふみの台処」は優しい女将さんが迎えてくれる家のような店だった。

2022.11.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

寒いから大掃除したくない。そんなあなたにKクリーンからの朗報です。

2022.12.08

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal