*
とじる
*
とじる
*
とじる

【苓北町】黄緑色のチャンポン…なんですかそれは?苓北町の「いさりび」のチャンポンがそうらしい

ライター:伊藤 伊藤
キーワード:

天草本島の北西に位置する苓北町。

そこにある火力発電所が、工場・要塞マニアの中で絶好のフォトスポットだとされているのは有名です。

そして、もちろんですが

苓北の海の美しさは、筆舌に尽くしがたいものがあります。

何時間でも眺めていられます(←熱中症になるのでやめてね)

そんな苓北町に、

黄緑色のチャンポン

という、言葉だけ聞くとあまり美味しそうにないチャンポンがあるというので、喰らいに行きました。


さっそく黄緑色の正体

黄緑色のチャンポンは、苓北町のお食事処「いさりび」にあるメニューです。

店に入ると、なにやら賑やかなお出迎えに会います。

居酒屋ですので、店内はこんな感じ。

座敷もあります。割と多くの人数を収容できそうです。

メニューは定食とかラーメンとかありますが

まぁ、ここに行ったらまず食べてほしいのが

レタスチャンポン。黄緑色のチャンポンです。

黄緑=レタス

苓北町はレタスの名産地。地のモノを生かした、類を見ないチャンポンです。

これ一杯で1日に必要な野菜が取れます。

美味しーヘルシーチャンポンです。

レタスを剥いたら、中からチャンポン出てきました!みたいな写真に期待値高まります。

実食!

やってまいりました

器の端を取り囲むように、レタスが生(映)えています。

なんとなく、葛飾北斎の富嶽三十六景の一枚、

「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」とビジュアルがリンクするのは私だけでしょうか?

みずみずしいレタス。スープの塩分がレタスと絡まると「レタススープ」として全国販売したらどうかと思うほどのナイスマッチング。

レタス以外のお野菜もふんだんに使ってあります。

レタスやもやしのシャキシャキと、麺(ちょい固め)の歯ごたえギャップに脳内が大喜びします。

暑い今の時期に、ちょっと強めの塩味がエネルギーと食欲を与えてくれます。

スープは野菜の水分でも薄まらない濃い目の味付け。

(写真にはスープ残ってますが)全部飲んでしまいました。丼ぶりには「SeaxOh!ちゃんぽん」のプリントが。天草地域13店舗で、ご当地の産品を活かしたチャンポンを作ろうと発足したキャンペーンらしいです。

外に出ると、汗をかいた首筋にあたる潮風が冷たく感じられて、さわやかな気持ちになります。

天草地域は長崎と双璧をなす、チャンポンの聖地と言っても過言ではないと思います。

海鮮チャンポンが結構スポットを浴びがちですが、苓北の名産レタスを使ったレタスチャンポンも是非ご賞味いただきたい!!

追伸:

タイミングが良ければ、

ご近所の奥様方の

カラオケを聴きながらチャンポンを食べられる!

という特典が付きます。

いさりび

住所

熊本県天草郡苓北町上津深江383−1

営業時間

昼:11時半~14時

夜:18時半~22時

カラオケ

あり

定休日

木曜日&不定

電話番号 0969-37-0541

ライター紹介

伊藤

伊藤

演劇の先生やったり、アニソンやメタルのDJやったり、バンドやったり、サブカル好き思春期48歳独身。健康診断で中性脂肪が赤信号だったので、たまにジョギングすることにした。やっぱり犬が好き。

このライターが書いた他の記事

【オープン情報】4月に閉店した下通り「肥後大勝軒」の跡にできたラーメン屋「濃厚鶏白湯 いわお」に行ってきた!

2024.07.02

【金龍ラーメン】今は”ギガ”とか”テラ”とかいう時代なのにメガって大したことないんじゃねぇ?と思い超大盛り「金龍そばメガ」を食べに行った!

2024.06.11

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal