*
とじる
*
とじる
*
とじる

山鹿にある古い街並みのお店を巡ってみた!【第一弾“千代の園”】

ライター:上野P 上野P
キーワード:

山鹿は八千代座だけじゃない!古街の歴史あるお店が多数。

こちらのお店は豊前街道にあるいわば“街の電気屋”さんです。

この“豊前街道”周辺は、八千代座の世界観を壊さないために、街全体が“八千代座化”をしている場所なんですね。

こちらのお米屋さんも、歴史ある地域の米屋さんです。建物は、一般で見かけるガラスサッシの入り口ではなくて、昔の古い木造の建物に上手に手を加えて、かつての山鹿の雰囲気を維持する建物となっています。

とても立派な木造看板!街で見かけるような目立つことも目的とする電飾看板ではなくて、木造の木彫りされた看板というのに、景観を守るという大きな意味があるようです。

本物の歴史を感じる看板の方が、とても新鮮で魅力的に感じるので“目立ち”ますよね!

山鹿といえば「千代の園酒造」

なんと創業は明治29年。山鹿の酒造メーカーといえば千代の園ですね!

絶品の大吟醸から、価格も控えめな庶民のお酒まで、様々な用途に合ったお酒が販売されています。

吟醸原酒が手軽に飲めてしまうと評判の「ロックがうまい」。まるでビールのようにアルミ缶に詰めてしまったアイデア商品ですね!吟醸原酒なのに1339円という安さ!

千代の園さんは“赤酒”も人気!

赤酒はお正月に飲む需要だけではなく、調理酒としても非常に重宝されていて、ペットボトルの赤酒も販売されていました!

ビールや焼酎などは若い方に嗜まれていますが、清酒を飲む若い層は減少しているのが現実です。

そこで手軽に美味しく清酒が飲める「桜ほのか」。お値段もお手頃ですね!

昔の蔵であった場所が、現在その歴史の面影を感じる直売所となっていました。

千代の園さんといえば、この“樽酒”のイメージがありますよね!

突然の訪問にも関わらず、快くご案内して頂いた「千代の園酒造」さん。

山鹿の本店までなかなか行けない方も、千代の園のお酒は県内の酒店どこでも扱っております。

行かれたことがない方は、本店に行かれてみてはいかがですか?

第2弾に続く

ユニークな店主のおせんべい屋さんだったり、歴史あるお店の蔵を見せて頂いたり、古い蔵をリノベしてのカフェだったり。山鹿“豊前街道”巡りにぴったりなお店を次回もご紹介します。ご期待ください!

■千代の園酒造 売店■

営業時間
(平日)8:00〜18:00(土日祝)9:00〜16:30

定休日
1月1日〜4日のみ

住所
熊本県山鹿市山鹿1782

電話
(平日)0968-43-2161(土日祝)0968-43-2162

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal