*
とじる
*
とじる
*
とじる

いつまでも~いつまで~も~センタープラザの観音様がサクラマチ地下に復活!

ライター:ムトー ムトー

9月14日に、満を持してオープンしたサクラマチクマモト。連日大盛況ですよね。

熊本県民として新しいものは確かに気になる。しかし、常に新しいものばかりを追い求めるのも、なんだか疲れてしまう。

そんな人に朗報です。

サクラマチの地下に、センタープラザの象徴ともいえる観音様が帰ってきました。


1人センタープラザの歌を歌えば大体、みんなつられて歌いだす

恐らく令和1どうでもいい情報ですが、肥後ジャーナルの編集部って半分がアラフォーなんです。皆それはそれは真剣に仕事をしているのですが、そうなってくると若干、雰囲気がピリつくお年頃。

ムトー

これは歌ってなごませないと。そうだ。あれ歌おう。

ムトー

いずみの広場で~あ~いましょおおお~~(パパヤパヤー)

伊藤

…あなたの~言葉を~お~も~い~だす~(テレテレテテー)

かなこ

最後のバスは~もうすぐ出るのに~(テッテテッテー)

ムトー

いつまでもおおおお~いつまでええも~ さんはいっ!

センタープラ~ァザ~~

よかった。のってくれた。さすが熊本県人。どんなにピリついた雰囲気でも歌えば一気にその場がなごむ神曲。それがセンタープラザの歌。

歌えば、淡い青春時代を思い出し、なごやかな雰囲気になるものです。しかし…

伊藤

センタープラザじゃないけどたい。なんやかんや言ってもつい”県民百貨店”って言っちゃうよね。

かなこ

いや、そこは”岩田屋伊勢丹”でしょ。

ムトー

大穴狙いで”阪神百貨店”。

ガタン!!表出ろゴラアアああ!!!!

かなこ

あのチェックの袋がステイタスだったってこと忘れたのか!!

伊藤

県民百貨店最後のシャッターシーンを忘れたのか!!

ムトー

(…そろそろこの茶番飽きてきた)

この騒ぎを抑えるためには、やはり観音様に頼るしかないと思う

前振りすげー長かったんですが、要はこのサクラマチにセンタープラザの観音様がおられるってな情報を聞いたので、どこにいるのか探りたい。ただそれだけの話です。

てなわけで来ました。熊本の新たな名所「サクラマチ」

インフォメーションに聞けば早いとは分かりますが、ここは自力で探したい。そう思い、まずは地下B1へGO!

えっ

やっ

嘘でしょ…

どーーーーーし!!!もう、すーぐおらすもん!!!!

泉はもうないけど、まだでん律儀にお金が投げこまれとらーす!

でも、これ泉の広場じゃないやん

観音様はおられました。しかし、泉がない(お賽銭は変わらないけども)。

観音様はやっぱり、この泉ありきでの観音様な訳ですよ。泉という障害があることで、気軽に手に触れちゃいかんよねって。そう思わせてくれる訳ですよ。

サクラマチだとやっぱりアレよね。詳しくは分からんけどきっと消防法とかに引っかかるとかな…。うんそうね。きっとこんなに泉にこだわっているのも私くらいなもん..

くそがっ!!!!!!ボタンぽち!!

めっちゃ滝キタ

足元に鯉までおらす

違うボタンを押すと、桜を背負ってみたり

どっかの森林に迷い込んだりと、とにかくサクラマチの観音様はアウトドア。

いやでもこれはこれであり!!

まとめ

昔あったじゃないですか。新市街からセンタープラザに繋がる地下通路。これ現在はサクラマチに繋がるようになってました。雨の日でもこれなら安心。そしてNO信号なので遅刻ギリギリのときも猛ダッシュでいけます。

観音様の設置場所は、地下フロアから行くならば、パスート側の外階段から行けますよ。新しくなった観音様にぜひ一度会いに行ってみてはいかがでしょうか。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ムトー

ムトー

単なる物件マニア。 以前住んでたマンションのお隣さんが、りようさんの実家だと判明し世間の狭さに震える日々。二児のママライター

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal