*
とじる
*
とじる
*
とじる

【バス旅×ちえ散歩】意味もなくバスの終点まで行って散歩してみた!~五丁編~

ライター:ちえ ちえ

おいしいものをお腹いっぱい食べてれば幸せ!ライターのちえです。

またいつなんどきデカ盛りと遭遇できるのか分からないので、基本時間があればウロウロするようこころがけております。

しかし毎日歩いているとコースも決まってきますよね。なんだかそれも物足りない。見知らぬ場所を歩いてみたい。そんなこんなで、「たまにはバスに乗って、終点まで行ってみよう!行ったらなんかあるど」という楽観的観測のもと、「ちい散歩」ならぬ「ちえ散歩」をしてみました。


とりあえず行き先を決める

バスに乗るならやっぱりスタートはここでしょ!という桜町バスターミナルへやってきました。

どこへ向かうか悩みましたが、あまり土地勘のない西方面へ向かおうかと、4番乗り場のバス路線図をチェック!

西部車庫が終点のバスなどいろいろありますが、「五丁」という馴染みのない地名の終点発見!

しかも、五丁行きがもうすぐ到着するなんて、これは運命!行先を五丁に決め、到着した産交バスに乗り込みました。

知らない場所へとるんるんバス旅

五丁行きのバスに乗り込んだ乗客は10名程度。田崎市場前、高橋などを通過し、バスは進みます。

【終点探訪の心得 その1】 車窓からの景色も楽しむべし!

車窓からは山や川が見えたりして、初めて通る道をゆくのも楽しいものです。

【終点探訪の心得 その2】1人になってもひるむべからず!

バスが進むにつれ、乗客は減り、終点に着く前には、私一人に…。広いバス車内で、運転手さんと二人きりになり、やや気まずい感じになってきますが、目的は終点!堂々と乗車を続けましょう!

終点・五丁に到着!

バスにゆられること40分ほどで、ついに終点の五丁に到着!

バスが待機したり、回ったりできる広いスペースがあり、奥にはトイレや自動販売機などが設置されていました。

【終点探訪の心得 その3】 帰りの時刻表は必ず確認すべし!

終点たるもの、バスの本数は少ないのが常です。到着後すぐに、帰りの時刻表をチェック!

なんとまあ数字が少なく、すっきりした時刻表!

しかも、ここから出るバスの行先は、小山団地と木山/沼山津方面となっており、ここから一気に東まで走るのか!とびっくり!バスすごっ!!

15時頃到着しましたが、夕食の用意とかあるし、夕方には帰りたい…。ということで、15時25分のバスで帰ることに決めましたが、そうなると30分しか時間がない…!もはや、マッハちえ散歩をするしかありません。

素敵な神社を2社も発見!

バス停のすぐ隣にあったのが、こちらの「年神社」。

色づき始めたイチョウと趣のある鳥居が美しい、素敵な雰囲気の神社です。

ここに参拝したあと、付近になにがあるかをマップで調べると…

なんと!近くに「浜田阿蘇神社」という神社もあるようです。

細い道を少し歩いて、こちらの神社に到着!

社殿の左側には、とても大きな楠があり、熊本市の指定保存樹木になっています。さらに、獅子舞も指定無形文化財に登録されているようです。

いぼとり地蔵に公園も

浜田阿蘇神社の隣には、いぼとり地蔵というお地蔵さんがありました。立て札によると、花入れの水をいぼに何回か付けるといぼが取れるそうです。

さらに、お墓の横の小道を歩くと、「無田口公園」という公園もありました。

すべり台やブランコ、くるくる回して遊ぶやつもあって、かなり広い公園でした(現在遊具改修中です)。

帰りもぎりぎりセーフ!

お散歩というより、早歩きで付近のスポットを探索したら、またダッシュでバス停へ…

【終点探訪の心得 その4】 帰りのバスに乗り遅れるべからず

終点=帰りは始発!定刻通りの発車となりますし、1本逃すと、また長時間バスを待たねばなりません。

なんとか発車2分前にすべりこみ、帰りのバス車内で、地図を見てふりかえり。

こちらの赤いスポットが五丁バス停になります。熊本市中心部から西南に位置するところで、西区と南区の境界あたりになります。今まで知らなかった地域のお宝も発見し、大満足のプチ旅でした。

またバスにのってふらり旅しーよーうー!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal