*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

おやつに、おつまみに、どんな場でも人気者のポテトチップス。

以前、ご紹介したポテトチップスのキッチンカー「Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)」が菊池市に店舗を構えられていると知って、今度は店舗にお邪魔してきました。

これはポテチ革命!!フレーバー30種のパリうまポテチ「Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)」


お洒落なカフェができてる

場所は菊池市森北です。

まるでケーキ屋さんのような、カフェのようなかわいらしいお店です。早速、中に入っていきましょう。

店内もかわいい。木のぬくもり感じる木目調の床や調度品。そして、白色の壁。大きな窓から入り込む日差しも加わって柔らかい雰囲気が漂います。

全部で30種類越え!豊富なポテトチップス

そして大きなショーケース!

これ、全部ポテトチップスなんです。

ベースとなるフレーバーが27種類。これに加えて5種類のプレミアムフレーバー、全部で32種類もあります。前回取材したときの30種類よりも増えていて驚きです。

こんなに大きなショーケースなんですが、それでも全てのフレーバーが入りきれないそう。

こんなに種類があると優柔不断が発動してしまいます。

ちなみに、パスタやカレー、ドリンクもありました。イートインも可能なので、ランチ使いにも良いですね。

ポテトチップス①:『大人のポテチ』

気になった2種類のポテトチップスを食べ比べします。

新メニューの『大人のポテチ』と、どうしても味が気になる『みたらし』です。

大人のポテチ(小)420円※テイクアウト

まずは新メニューの『大人のポテチ』を頂きます。

サイズは小を選択しました。60g入っているそうですが、お皿に盛ると結構な量があります。

ポテトチップス1枚のサイズも大きめだし、厚みもあるので嬉しい。

この『大人のポテチ』の味付けにはアンチョビ・ガーリック・ブラックペッパーが使われているそうです。

アンチョビ特有の塩味にガーリックの風味、それをブラックペッパーがピリッとまとめてくれています。確かに大人の味。これはおつまみにしたいポテトチップス。ワインと合いそうです。

ポテトチップス②:『みたらし』

みたらし(小)420円※テイクアウト

お次は、どーしても味が気になったこちらのポテトチップス。甘いフレーバーのポテトチップスって中々ないですよね。

食べてみて納得!これは和!醬油ベースなんですが、甘い。甘じょっぱくて、ドリンクが進みます。縁側で麦茶と一緒にバリバリしたいやつ。

色々食べ比べしたいポテトチップス

菊池市のポテトチップス専門店、「Comida de Batata菊池店」。全部で32種類のオリジナルポテトチップスを楽しめるお店です。フレーバーはどれも個性的で、ここでなければ!というものもたくさんあります。今回は2種類でしたが、色んな種類を食べ比べしたいですね。

Comida de Batata菊池店

住所

熊本県菊池市森北1049

営業時間

11:00~18:00

定休日

月曜日

Instagram

https://www.instagram.com/comidadebatata/

電話番号 07022941424

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【阿蘇郡高森町】大自然の中で自分の”やりたい!”を開放!「奥あそフルーツガーデン」で多種多様な体験にチャレンジ!

2024.04.13

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

【熊本市中央区】食べ応えあるのにヘルシー?「居酒屋やおっぱ」の野菜たっぷりカレーは毎日でも食べられる。

2024.04.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal