*
とじる
*
とじる
*
とじる

これはポテチ革命!!フレーバー30種のパリうまポテチ「Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)」

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

子どもから大人まで、みんなに愛されるポテトチップス。私も大好きですが、市販品とはレベルが違う、とってもおいしい手作りポテチを移動販売する専門店を発見!当初は、学生さんをターゲットに…と思われていたそうですが、おいしさのあまり、味のわかる大人のリピーターさんが増えたというお店の魅力に迫ってみました。


その名は「Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)」

こちらが、かわいいキッチンカーでポテトチップスとタピオカドリンクを販売している、「Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)」

なんだか聞きなれず、覚えにくい名前ですが、ポルトガル語で、「イモ料理」という意味なのだとか。ポテトチップスもタピオカも原料はイモで、「インパクトのある名前にしたい」と、つけられた名前だそうです。

移動販売車で、宇土や川尻、松橋など各地をまわられており、今回は、「TSUTAYA はません店」出店中にお邪魔してみました!

タピオカのフレーバーは、黒糖ミルクティーやブルーベリーチーズなど6種類で、かわいいボトルで販売されています。

黒糖抹茶ミルクの抹茶には宇治抹茶を使うなど、材料にもこだわられている本格派!見た目もかわいくてときめきます!

暑くなる季節に向けて、すっきりとしたドリンクも展開予定とのこと。

驚くべきポテチのフレーバー

お店の売りは、揚げたてのポテトチップスですが、このフレーバーの数がすごいんです!

定番の塩やコンソメから、牛わさびや梅こんぶといった変わり種まで、その数なんと20種!

さらにさらに、驚くなかれ、GW明けの現在は、しそやトリュフ、チョコシナモン、レモンミルクなど、予想もつかないフレーバーも10種増えており、全部で30種とパワーアップ!

いろいろ食べたい人のために、お得なセットも用意されています。

ポテチ小(250円)は、2個セットで400円、ポテチ大(350円)は、2個セットで600円。そして、500円のタピオカドリンクとポテチ小をセットにすれば600円と、どれもお得になっています。

オープン当初は、キッチンカー内で揚げられていたそうですが、お客様が増えたため、現在は、朝から揚げたものを準備して来られています。そのほうが油も飛んで、パリッとした食感に仕上がるのだとか。

食べて感激!もうとまらな~い!!

ストロベリーミルクのタピオカドリンクと、ポテチは数あるフレーバーの中から、パクチーとコーンポタージュの小を頼んでみました。

かわいいドリンクにポテチのセット、サイズ感もおやつにちょうどよい感じです。

タピオカドリンクの中には、いちごの果肉もごろごろ入っていてびっくり!!妥協しないこだわりが伺えます。

ポテチは、小さな袋にぎっしり入っています。

こちらのポテチはというと…

とにかく薄い!

透けるほど薄い!

照明に透かしてみると…

まるで月みたい!この透け感、おわかりいただけるでしょうか?

食べてみると、薄くてパリッパリの堅あげで、なにこれ!?おいしっ!!!

ポテチは厚切り派の私でしたが、「薄いポテチもこんなに美味しいんだ!」と、脳内で革命が起きました!

しかも全然油っぽくなく、手のベタベタ感も気にならない!まるでオーブンで焼き上げたかのようなヘルシー感があります。

それもそのはず、じゃがいもは良質な米油で揚げられており、度々、油も交換されているとのこと。健康にも良いとされる米油を使用し、しかも酸化した油を使わないという、見えない部分へのこだわりに感激です!

じゃがいもは北海道産や鹿児島産を使われているそうで、自社の畑でもじゃがいもを栽培されているので、ゆくゆくは、畑でとれたじゃがいもを使っていきたいとのこと。

パクチー味は、パクチー独特の良い香りに加え、塩気もあって、おつまみにも良さそう!コーンポタージュは、一口食べると、甘いコーンの香りが口に広がり、マイルドな味なので、子どもも好きそうな味です。どちらも違った美味しさで、夢中で食べてしまいました。

何度も通って、いろんな味を制覇したくなる、そんな魅力的なお店です!

気になる出店情報は、こちらのInstagramでチェックをお願いします。

Comida de Batata(コミーダ・デ・バタタ)

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

これはお粥革命!とろふわで体にも優しい餡かけお粥が絶品!「粥菜レストラン 季寿」

2020.05.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた#2 汚部屋化に歯止めを。

PR

2020.05.20

勃発!「ママチャリvsクロスバイク論争」どちらが便利か主婦としゃりんかん浜線店のガチンコバトル!

2020.05.20

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた#2 汚部屋化に歯止めを。

PR

2020.05.20

勃発!「ママチャリvsクロスバイク論争」どちらが便利か主婦としゃりんかん浜線店のガチンコバトル!

2020.05.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal