*
とじる
*
とじる
*
とじる

ニューヨークスタイルの巨大なピザ!「EIGHT Piece」のピザは1ピースで顔より大きい!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

ピザといえば、イタリアを想像してしまいますが、今回紹介するのはアメリカのピザを扱う「EIGHT Piece」。アメリカンピザは地域によって特徴があります。「EIGHT Piece」は熊本では珍しい本場ニューヨークスタイルピザの専門店なんです!


総合施設「kids area」内!近代的なオシャレな外観!

お店の場所は南区出仲間9丁目。はませんバイパスを街に向かう途中、北熊支那そば浜線店から右に曲がってしばらく進むと右手に近代的な建物が見えます。

この建物は飲食店(ピザ)・保育園・児童発達支援施設の3つが入居する「kids area」という総合施設。

アメリカ・ニューヨークの建物のような、スタイリッシュなデザインですね!

ニューヨークのピザ屋を忠実に再現!

店内は本場ニューヨークのピザ屋を忠実に再現していて、熊本にいながら、ニューヨークまで来たような感覚になります!

客席だけではなく、カウンターやキッチンまで、オーナーのこだわりがお店の細部まで行き渡っています!

びっくりするほどの巨大な22インチ(約55cm)NYピザ!

普段は切り分けてから提供されていますが、ピザが焼きあがったばかりとのことで、見せてもらいました!

…な、なんですかこれ?

大きなピザ釜から、巨大ピザが出現!

このピザのサイズは22インチ(約55cm)もあります。この巨大ピザを大きな釜で一枚焼き上げるのこそが、ニューヨークスタイルのピザの特徴です!

一度焼き上げてから、保温ケースに一旦保存。ピザの注文が入ったら、切り分けてからピザ釜で再び熱を入れてからあつあつを提供するようです。

ピザとコーラで気分は本場ニューヨーカー!

お店で人気の2種類のピザとドリンクのセット!2ピースで十分お腹いっぱいになるボリュームです。

引用元:http://eight-piece.pizza

このピザ1ピースで大人の顔が隠れてしまいます!

とにかくデカイったらありゃしない!そもそも1ピースが片手で持てない…。ナイフでさらに小さく切りわけて食べることもできます。

生地は中央は薄くパリッ!と焼き上げて、外側の耳の部分は厚めにもちもちな仕上がりです。しかし重い…。

常連さんの中には、二人で来店して、それぞれ違うセットを注文し、半分ずつシェアして計4種類のピザを食べられる方も多いそう。でも半分に切っても結構な満足できるサイズですね。

2階はフリースペースとしてなんと無料貸し出し!

店舗には2階部分もあり、実はフリースペースとして利用できるそう。

お店の2階へ上がらせてもらうと。

2階は1階とほぼ同じ広さのスペースがあります。普段は、団体利用席として使用していますが、利用されていないときは時はフリースペースとして活用OK!集会やセミナー、ワークショップなど自由に使えます。

しかも部屋代は無料!「できれば食事やドリンクだけでも注文いただけたら」との事ですが、強制ではないとのことでした。

ただお食事の団体予約のない時ですので、詳しくは事前にお店にお問い合わせを!

熊本でここしかないおしゃれなニューヨークピザ専門店

建物だけではなく、内装やピザまで全部ニューヨークスタイル!おしゃれな空間で、美味しいピザがお腹いっぱい楽しめますよ!

■EIGHT Piece■

住所:熊本市南区出仲間9-2-15

営業時間:10:00~18:00(土曜は〜~16:00)

定休日:日曜日

電話:096-379-2409

地図

お店のHPはこちら

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ほっこりする家庭的なランチがいただける細工町の「ふみの台処」は優しい女将さんが迎えてくれる家のような店だった。

2022.11.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

PUBLIC RELATIONS

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal