*
とじる
*
とじる
*
とじる

お正月が終わるとスーパーなどではバレンタイン特集が組まれるようになりますよね。しかしその前にやってくるのが節分。

豆をまき、恵方巻を食べるというのが最近のスタンスですが、いざ購入しようとしてもお高い…そしてあまり美味しくもない…というジレンマにここ数年襲われております。

もっと気軽に、かつ、美味しく巻きずしを頂けるところはないかと探し、今回知る人ぞ知る名店

巻きずしテイクアウト専門店【福み屋】さんに行ってきました!


噂では「午前中で完売する」と言うので朝10時に行ってみた

場所は熊本市西区上熊本にあるジョリーパスタから1号線に入ったところにある、マンションの1室です

「いや一体どこね?」と迷ってしまいそうですが、旗が立っているマンションが目印です

マンションの1階にあります。大きな隣のテナントではなく奥まった方のテナントに看板がありました

入ってすぐに会計ができる小窓、そして座って待つ人用に長椅子が置いてありました。

じっくり悩んでいる暇はない

お品書きを見ながら「何にしようかなあ」とノロノロ悩んでいる暇はありません。なぜなら次から次へとひっきりなしにお客様が来られ、決して広くはない店内がまさにすし詰め状態になるのです。

常連さんが多いらしく

「お母さ~~ん!太巻きば3つ!でくんね?」

「私は、ふた~つばかし太巻きば!!」

と慣れた様子で注文されていきます。

初めて来たのに私もその波にのって、太巻きと稲荷ずしを常連さん風に注文してみました。あの時ほど熊本弁を話せてよかったと思えた瞬間はありません。

いざ実食

紙包みに梱包されていますので、お土産としても重宝しそうです

巻き寿司は最初からカット済みです。これが本当にありがたいですよね!自分でカットする手間が省け、「買ったらすぐ食べたい」という人にも対応できます。

まずは巻き寿司から頂いてみました。

まずネギ入りの卵焼きの味付けが美味しい!干ぴょうも桜でんぶも甘さ控えめですので「巻き寿司はちょっと甘すぎるから苦手」という人にこそ味わってほしい一品。

お次は稲荷ずし。テリッテリな油あげと1個ずつアルミホイルに入っていますので、「油揚げのお出汁が流れて端っこの酢飯がベチャベチャ」という心配もありません。

そして一口食べた瞬間広がるのは、まさかの柚子の風味!

この柚子が入っていることで、甘いだけの稲荷ずしではなくなっていました。本当にこれも絶品!

まとめ

本当に次から次へとお客様がやってくるので、「早いときは午前中で完売」という事がリアルに体感できました。

合志市にも店舗を構えていらっしゃるようですので、上熊本・合志市お住まいから近い方に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

■福み屋■

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日
TEL 096-325-7375
住所:熊本市西区上熊本2丁目11-21
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ムトー

ムトー

単なる物件マニア。 以前住んでたマンションのお隣さんが、りようさんの実家だと判明し世間の狭さに震える日々。二児のママライター

このライターが書いた他の記事

【あたが夢ば叶えてやろたい】ポン酢が好きでたまらない熊本の小学生男子のためにホシサン醤油が動いてくれた

2020.01.20

2020年だってよ!20年前の2000年って何してた?今年の熊本の動きもチェック!

2020.01.02

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal