*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市中央区】おもてなし度にびっくり!ときめかずにはいられない「笑喜(えがお)」の予約限定ランチ

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

市内中心部のお店はわりと巡ったつもりでしたが、またこんなにも素晴らしい名店ができていたとは…!

旅館・和数奇司館の元料理長が、現在、独立してお店を出されているという情報を聞き、早速、予約限定のランチに行ってみました。予算を伝えただけでしたが、びっくりするほどのお料理の数々で、度肝を抜かれました!


上乃裏の隠れスポット

「創作和食 笑喜」があるのは、上乃裏の「壱之倉庫」の向かってすぐ左隣のビル。

こちらの第五ミヤモト歩小路ビルの2階にお店があります。

扉の上にある「笑喜」の看板が目印で、なかなかの隠れスポット!

店内は真っ赤なイスが目を引くスタイリッシュな雰囲気で、清潔感があり、清々しい気持ちになります。

カウンター席とテーブル席があり、一人でもグループでも、美味しい創作料理とお酒をゆったりと楽しむことができます。

さらにテーブルには、美しいガーベラと麦の穂に、名前入りの手書きのメッセージカードまで用意されていて、あまりのおもてなしに感激!

予約限定のランチ

今回は、予約限定のランチで訪れてみました。

電話で予約した際に予算を尋ねられたので、戸惑いながらも「1,500円程度で、定食のような感じで…」と曖昧なオーダーをしてみました。

そして実際にお店に行き、出てきた料理はというと…

「えっ、これで本当に1,500円?」とびっくりするほどの豪華な御膳!

美しい野菜の素揚げが盛られたサラダに…

新鮮なお刺身!

ホタテのウニ明太和えに、サーモンのてまり寿司

さらに、焼き魚に野菜の天ぷらに、豚肉の西京焼きまで並んでいて、野菜もお肉もお魚も全部味わえるフルコースのよう!

銀箔が散らされていたり、カーネーションが添えられていたりと、見た目にも麗しいお料理の数々です。「定食っぽい感じで…」とオーダーした時のイメージの、100倍ぐらい上をいくクオリティにびっくりでした!

お味の方はというと、本当にどれもこれも美味しくて、いろんな食感も楽しめて、口の中が幸せで満たされます!
西京焼きもしっかりと味が染みていて、ご飯が進む美味しさ!

プロの料理人ならではの丁寧な仕事を、ゆっくりと堪能させていただきました。

さらにほかほかのご飯に、新じゃがとネギと生アオサのスープもあり、こちらも焼いたネギが入れられていたり、とにかく手が込んでいます。

カブの皮を炒めて作ったというきんぴらもあり、食材を大事にされる姿勢に、また感動…!

これにデザートまでつくの!?

「あ~っ!こんなにも美しく、手の込んだ愛情たっぷりの丁寧な和食が食べられるなんて…」と幸せに浸りながらお料理を食べ終わると、なんとデザートまであるとのこと!

デザートは、いきなり団子のパイ包みとコーヒーでした。

ランチ後のデザートとは思えないほどビッグサイズのスイーツに、またまた度肝を抜かれました!

「大きいですね~!」とびっくりしていると、「小さく作りきらんとですよ」と代表の野口さん。

紫芋にあんこ、求肥、アイスクリームまで入った贅沢なパイ包みで、これまた美味しくいただきました!

オーナーの野口さんは、10代から料理の道に入られ、「ホテル竜宮」や「アレグリアガーデンズ天草」など、天草の名だたるホテルでフレンチやイタリアンなどの経験を積まれたあと、28歳で「和数奇司館」へ…。その後、30歳から5年間、和数奇で料理長を務められ、昨年7月にこちらのお店をオープンされました。

「お客さんに喜んでもらい、笑顔になってほしい」という想いで、「笑喜(えがお)」というお店の名前も決められたそうで、食べる人を幸せにする料理を作られています。

屋号通りの「笑顔になれる料理」を、デザートやコーヒーにいたるまで、ゆっくりと堪能させていただきました!

夜のメニューも豊富!

今回訪れたランチは予約のみのオープンとなり、メインは夜の営業になります。

メニューの表紙にある通り、心をこめて作られた創作料理を味わいながら、お酒も楽しむことができます。

アルコールは生ビールにハイボールに加え、焼酎や地酒も楽しむことができます。

料理メニューはというと、赤牛を使った料理や、おつまみ系の料理。

チャーハンも人気で、リピーターも多いのだとか。

カレーやうどん、そばといった炭水化物系やデザートまであり、わざわざはしごしなくても、1軒で長居できるようなメニューの数々です。

心も体も満たされて思わず笑顔になる、気さくで優しい野口さんの心がこもったお料理。皆様にも、ぜひ味わっていただきたいです!女子会などのランチ利用にもおすすめです。

創作和食 笑喜(えがお)

営業時間

18:00~1:00(LO:0:30)

定休日

水曜日、第4日曜日

駐車場

なし

ホームページ

https://egao0718.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/egao2cho_me/?hl=ja

電話番号 090-7468-9458

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal