*
とじる
*
とじる
*
とじる

【天草市御所浦】島唯一のカフェ!?海を眺めながらくつろげる「島カフェここね」

ライター:りかぞん りかぞん

熊本県にある数少ない有人離島、天草市の「御所浦町」。

御所浦生まれの御所浦育ち、でも魚は苦手なオーナーが経営されているカフェを訪ねてきました!

本郷港では、恐竜の島 御所浦のPRキャラクター「寺野くん」が出迎えてくれました。

恐竜のテラノザウルスから名前をつけた「寺野くん」は漁師だそうです。


場所は

熊本市内から車で約2時間。天草市倉岳町の棚底港からカーフェリーに乗り40分の場所にある御所浦の本郷港へ、そこから車で約10分ほどにある「天草市牧島地区」に「島カフェここね」があります。

海沿いを行くと迷う事はありません。のぼりが目印です。

目的のカフェのお隣が「民宿まきしま」ですので、ここを目印に行かれてもいいかもしれません。

車は3台ほど駐車できます。

玄関前に「OPEN」の看板が出ていたら開いています。

扉を開けると、玄関。

パンの甘い香りがしますが、勝手にお邪魔して良いものかしばらく悩みます。(インターホンもあります)

廊下を抜けるとカフェが。テーブル席が2つあります。

外にはテラス席も。海を眺めながらゆっくりと過ごせそうです。

一軒家のリビングを改装した店内。お友達の家に遊びに来た感じでゆっくりできそうですね。

ソファーの席もあり、小さなお子様連れの方はこちらを利用されることが多いそうです。

メニューは

ランチは予約制ですが、ケーキやパン、飲み物などは、いつでも提供してくれます。

この日は、レーズン入りのパンや総菜パンに

自家製のあんことバターのパン。

自家製の甘すぎないあんことバターの塩味で3つくらい食べられそう。

どれも180円~200円程度の価格帯のパンが多いようです。

クッキー類や

手作りのケーキもありました。ケーキは日替わりでショートケーキなどもあるそうですよ。

この日は「バスクチーズケーキ」(500円)と

「チーズケーキ」(400円)

「ガトーショコラ」(500円)がありました。

事前に注文するとホールケーキも作っていただけるそうです。

まとめ

生まれも育ちも御所浦のご夫婦が営んでいる「島カフェここね」。

奥様は魚が苦手だそうで、漁協に勤めていたご主人が魚を持って帰ってくると、困っていたそう。

島にはパン屋やカフェがないことから、実家を改装してカフェを始められたそう。

今では近所の方がの女子会などが開催され、賑わっているそうです。

今年の3月20日に「天草市立御所浦恐竜の島博物館」がリニューアルオープンするそうなので、離島ドライブはいかがですか?

天草市倉岳町の棚底港からカーフェリーもでているので、日帰りのドライブもできますよ!

島カフェここね

営業時間

10時~17時

定休日:月曜・金曜

電話番号 0969-67-3364

ライター紹介

りかぞん

りかぞん

ふっかるです

このライターが書いた他の記事

【熊本市春日】花岡山に2月1日オープンした豚骨系ラーメン「TENKOU」で無添加ラーメン食べてきた!

2024.02.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal