*
とじる
*
とじる
*
とじる

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

キーワード:

合志市須屋にある、白い看板が目印の「ごとう食堂」。お昼はいつも車がたくさん止まっており、これは気になる!と食べに行ってきました。


全品にお味噌汁ではなく「だご汁」が付いてくる!?

超シンプルな看板。飾り気のないあっとホームなお店なんだろうなぁ…と入る前から妄想が膨らみます。

熊本電鉄堀川駅の近くにひっそりと建っているごとう食堂。黄色い建物から、いい匂いが漂ってきます。

メニュー看板に注目。「全てだご汁付き」。全て!?嬉しい。

お味噌汁が付くだけでも嬉しいのに、だご汁付きだなんて!人気の理由が一つ見つかりました。

メニューもたくさんありました!そして安い!これも人気の理由!

迷いに迷った末、からあげ定食たかなめしを注文。

お店の方が何度もこちらを気遣って「お待たせしてすいませんねえ」と優しく声を掛けて下さいました。こういう優しさが、ますますご飯を美味しく感じさせてくれるのだなぁと思いました。

丁寧な仕事っぷりに感銘!

から揚げ定食が来ました。

春雨サラダやお漬物もついていて、ボリュームもあります!

そして熊本県民の心をつかんで離さないだご汁です。

わー!嬉しい!と言っていると、「ご飯のお替り出来ますからね。」とまたまた優しさ攻撃が!

これで680円とは…

次は高菜ご飯。

美しい、と言いたくなる高菜の味がしっかりとするご飯。

中まで綺麗に詰まっています

主婦目線で調理場をずっと眺めていましたが、調理をされるオーナーさんの手つきがとても丁寧。盛り付けされるときの職人さんのような姿に見入ってしまいました。

もちろんこちらもだご汁付きです。

早い時間が狙い目!人気メニューは品切れになることも

美味しく量も多すぎず少なすぎず、足りない方はご飯のお替りができるという最高の食堂。どのメニューも人気ですが、お昼のピーク時を過ぎると品切れになってしまうものがあります。

この日は「ダイコン豚角定食」が売り切れでした。また次回食べるのを楽しみに!

まとめ

ひとつひとつ丁寧に調理され、ちょっとした優しさの積み重ねが嬉しい「ごとう食堂」。

夜も営業しているそうなので、今度は晩御飯を食べに行こうと思います。

忙しい日々に栄養と休息を与えてくれる素敵なお店でした。

ごとう食堂

営業時間

昼:11時30~14時30分

夜:18時~21時

住所

合志市須屋625-6

駐車場

6台

席数

テーブル8席

カウンター9席

電話番号 090-7167-8788
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal