*
とじる
*
とじる
*
とじる

東区画図にある「白龍らーめん」で幸せ味。らーめんとチャーシュー丼のゴールデンコンビを食す。

ライター:Pカイト Pカイト

こんちには、Pカイトです。

熊本には、ラーメン屋が数多ありますが、皆さんの一押しラーメンはなんでしょうか?

今回は、東区画図、浜線バイパス沿いにある「白龍ラーメン」に行ってきました!


浜線バイパス沿いにある「白龍らーめん」

浜線バイパス沿いの悠愛病院の対面にある「白龍らーめん」。

道沿いにある大きな看板が目印です!

メニューにはらーめん、餃子、チャーシュー丼、ホルモンなどがあります!

お持ち帰りもでき、お持ち帰りの際は事前に電話予約することを推奨されています。

今回は、人気メニューのらーめんBセット(チャーシュー丼)を頂くことに!

らーめんチャーシュー丼セットで

来ました!らーめんチャーシュー丼セット。とんこつらーめんの香りってなんでこんなに多幸感を得られるんでしょうね。

焦がしチャーシューの匂いと相まって匂いだけでご飯数杯は食べられそう。

早速らーめんから頂きます!

今回注文したのはノーマルならーめん。具材はきくらげ、ネギ、煮卵、チャーシューとメジャー食材が入っています。

私だけかもしれませんが、スープの中に具材が浸っていると、いつも以上に美味しそうに見えません?

ほら、トロットロのチャーシューが笑っているような・・・

チャーシューがとろとろすぎて箸で持っているだけで溶けてしまいそうです。

細目のストレート麺が濃い豚骨の風味をより一層引き立てており、麺最高!

パンチの効いたにんにくの風味と豚骨が口の中で爆発!ガツンとした味が堪能できます。

パンチの効いた味はこのスープ。

にんにくの香りと豚骨のガツンとした味わい。口に入れた瞬間に一気に目が覚めます。

幸せじゃないわけがありません。美しい味と書いて美味いなんてそんな上品な、もっと凛々しい味ですよ。最高です。

こちらミニチャーシュー丼。ミニの概念を疑います。ノーマルです。

焦がしチャーシューの香りと海苔の磯の香りがたまりません!

海苔と焦がしチャーシューが合わないはずないのですが、あえて言います。

めちゃくちゃ合う!!!

これは、らーめんにも負けず劣らずのメインメニューです!メイン2品食べているような気持ち。

それでいてらーめんとも、

めちゃくちゃ合う!!!

味が全く喧嘩しません。相乗効果でめっちゃ幸せ味。

らーめんとチャーシュー丼のゴールデンコンビをぜひ「白龍らーめん」で!

らーめんとチャーシュー丼を食べて幸せに満ち満ちました。

皆さんもぜひ、らーめんチャーシュー丼のゴールデンコンビを食べてみてはいかがですか?

あなたの渾身の一杯になりえるかもしれませんよ?

白龍らーめん

営業時間

月・火・木・金 11:00~15:00

土・日 11:00~14:30 17:30~20:00

麺が無くなり次第終了

定休日

水曜日

住所

〒862-0945 熊本県熊本市東区画図町大字下無田1158−1

電話番号 096ー379ー2829

ライター紹介

Pカイト

Pカイト

Pを受け継ぐチャラガーマン 餃子を焼くのが得意。

このライターが書いた他の記事

おしゃれマスクインタビュー!おしゃれなマスクを探していたらくまもとクリエイターズマスク展に出展することになった件。

2021.11.13

【10/19日オープン!」「無添加から揚げいちや」が使ってる素材すべて無添加にこだわりまくっている話。

2021.11.06

おむすび屋?美容室?不思議なお店「トゥルラッタ」に入ってみると主婦のためにあるような優しさ溢れるお店だった!

2021.11.02

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

2021年肥後ジャーナルアクセスランキング!今年熊本で熱かった話題はこれだ!!

2021.12.31

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

PUBLIC RELATIONS

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

年末恒例!ガソリンスタンド地獄の大渋滞にはまってるあなたに朗報&お年玉あげちゃう

2021.12.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal