*
とじる
*
とじる
*
とじる

隠れた名店「ちゃんぽんひのおか」で本格長崎ちゃんぽんを食べてきた

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

最近暑い日が続いています。外に出ても暑い。車に戻っても暑い。

こんな日は、熊本市内を抜け出しドライブしてみました!


突然の「ちゃんぽん」

山鹿市内を抜けて鹿本から県道9号線(日田鹿本線)を走っていると・・・

空は青空、緑の木々も美しい・・・ちゃんぽん?

間違いありません。ちゃんぽんです。

矢印の先には緑が広がっています。その先にある下に降りる道を入っていくのでしょうか。恐る恐る降りていきます。

ちゃんぽんと書いてある看板を降りていくとありました!

日岡山の麓にある「ちゃんぽん ひのおか」

山鹿市鹿本町にある日岡山の麓にある「ちゃんぽん ひのおか」

駐車場は店舗の裏にあります。広がる田園風景と山々が見渡せていい景色。

店内は、テーブル席が2つと座敷が2つあります。

エアコンも2台並んでいます。

メニューはこちら。長崎ちゃんぽん(いなり付き)と長崎ちゃんぽんセット(餃子+いなり付き)

もれなく「いなり」がついてきます。

夏バテ防止に野菜大盛り長崎ちゃんぽんを頼んでみました!

野菜たっぷりのちゃんぽん

二郎系ちゃんぽんでしょうか。奥のちゃんぽんが普通の長崎ちゃんぽんです。

普通の長崎ちゃんぽんも、十分野菜たっぷりなんです。

食べても食べても、麺が見えません・・・

キャベツ、もやし、豚肉、ニンジン・・シャキシャキの野菜と麺は中太のいわゆるちゃんぽん麺。

スープはあっさりしていて、とってもクリーミー。食べ進めていくとクリームスープパスタのような味わい。

でも、しっかりちゃんぽんの中華風なパンチもあります。

これはきっと女性も好きな味。

長崎の中華の名店で修業した本場のちゃんぽん

元来、取材は受けないとおっしゃっていた店主。

なぜこんな場所にお店を出したのか?なぜちゃんぽんだけなのか?など疑問に思ったことを店主に聞いてみました。

「取材を受けると、いろんな方が来られて地元の方が入れなくなったり、材料がなくなったりしてしまうでしょ?だから取材はお断りしているんです。

この場所は実家の農機具置き場を改装して店舗にしました。うまい料理を出す店は、場所は関係ないと地元の仲間から言われたのと、家賃とかかからないから、野菜をたっぶりにしたり、いなりを付けたりできるんです。地元の方に沢山食べてもらいたいんです。」

店主は長崎の高級中華料理店で修業し、長崎でも一番食べられている「ちゃんぽん」で店を出そうと思い実家に帰ってこられたそうです。クリーミーな味は牛乳などは使用せず、魚介類などをたっぷり使った企業秘密の製法でまろやかさを出しているそうです。

本格長崎ちゃんぽんをぜひ「ちゃんぽんひのおか」で!

隠れ家のような「ちゃんぽんひのおか」地元愛にあふれる店主でした。

営業時間も長いので込み合う時間を避けて野菜たっぷりのちゃんぽんを食べてみてはいかがですか。

ひのおかちゃんぽん

営業時間

11:00~19:00

定休日

月曜日

月曜が祝日の場合は、翌日火曜日

住所

〒861-0302 熊本県山鹿市鹿本町津袋963−1

電話番号 0968ー46ー1239

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

熊本を拠点に販売中!環境に配慮したデニムリメイクファッション「CALINA.」

2024.03.05

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal