*
とじる
*
とじる
*
とじる

【移転オープン】並木坂にあった「粋と野暮」が10月24日に移転オープンしていた!

キーワード:

「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」って流行しましたよね。あれって14年くらい前なんですって。この言葉で「つけ麺」の存在は知っていたのですが、当時熊本でつけ麺を食べられる店が少なかった気がします。

2015年くらいになって「つけ麺」というジャンルのラーメン屋さんが出来てきて熊本での認知度も上がった気がします。

肥後ジャーナルが2016年に取材した「粋と野暮」https://higojournal.com/archives/4205903.html

が北区に移転オープンしていたで、早速行ってみました!


場所は

熊本市北区楠の「スーパーキッド」や「串カツ田中」の向かい側あたりにあります。

駐車場もありますよ!

お店の前に2台駐車できます。

江戸麺屋 粋と野暮 と看板が上がっています。早速店内へ入ってみます。

メニューは

明るい店内には、テーブル席が3席、カウンター席が7席ほどあります。

メニューは3種類

・醤油そば 740円

透き通るスープに綺麗なピンク色の豚と鶏の2種類のチャーシューがのっています。

麺は細麺と中太麺の間くらいでしょうか。つるつるしていてのど越しが良い麺です。

続いて

・塩そば 味玉入り 870円

こちらも透明のスープに鶏のチャーシューとつみれがのっています。

こちらも醤油そばと同じ麺でしょうか。のど越しが良くスープがよく絡みます。

麺がスープと絶妙にマッチしています。

・鶏搾り つけそば 880円

つけ麺は中太麺くらいでしょうか。

麺がツルツルしていて、麺だけ食べても美味しい!

塩ベースの白湯魚介スープをつけていただきます。

調味料も充実していましたよ。

煮干しの出汁が効いた酢、ゆず胡椒、ブラックペッパーに唐辛子種類が豊富。

あっさりすぎると思われた方や味変したい方にもうれしいですね。

まとめ

10月24日に楠のオープンした粋と野暮。

麺つくりにこだわり、自家製麺を使用しているそう。

確かにのど越しが良くツルツルしていました。ラーメンツウ風に言うと加水率が絶妙とかいうのでしょうか??

これから少しづつメニューを変えていくそうなので、今後も新しい味が楽しめそうですよ。

個人的には以前の店舗で作られていた、醤油ベースのつけ麺が復活してくれるといいなあ。

江戸麺屋「粋と野暮」

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ほっこりする家庭的なランチがいただける細工町の「ふみの台処」は優しい女将さんが迎えてくれる家のような店だった。

2022.11.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

PUBLIC RELATIONS

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal