*
とじる
*
とじる
*
とじる

リッチモンドホテル新市街1階にある「肥後馳走屋 いねや」のお得な和食ランチ

熊本市新市街にある「リッチモンドホテル熊本新市街」その1階に入るのが「肥後馳走屋 いねや」。

「馬刺し」「辛子レンコン」などの熊本郷土料理がメインの和風創作居酒屋のお店。ランチも評価が高く、県外からのお客さんだけではなく、地元の方々からも人気のお店です。


高級感があり落ち着く店内

場所は新市街のアーケード内、外観からちょっと高級感があります。

店内はカウンター席とテーブル席に分かれていて、奥には個室があります。

ちょっとお高そうな印象がありますが、意外とリーズナブルな価格で楽しめるんです!

ランチメニューは種類が豊富で、全てのメニューに小鉢2品・ごはん・味噌汁・漬物がついています。

生ビールがランチタイムで提供されているなんて、贅沢気分になれそう。

馬刺しやからし蓮根、だご汁など熊本の郷土料理も楽しめるので、県外から来た方にもおすすめです。

日替わり魚ランチ864円(税込)を注文。毎日内容は変わるそうなので、この日は「いわしめんたい」でした。プラス120円(税込)でコーヒー、紅茶、ジュースが飲めるドリンクバーがつけられます。

小鉢は好きなものをチョイス!種類豊富で悩ましい!

まずは好きな小鉢2品を取りに行きます。種類がたくさんあるので迷ってしまいそう。

今回は、「ごぼうの唐揚げ」と「温泉たまご」を選びました。

ごぼうは、ほんのりついた醤油の味付けとサクサク感がたまりません。マヨネーズをつけるとより濃厚な味わいになります。温泉たまごもぷるぷるでとても美味しいですね!

いよいよメインの「魚ランチ」の登場

いよいよ「いわしめんたい」の登場です。いわしの中に明太子が入っていて、ごはんのおかずぴったり。

ごはんもつやつやしていておいしそうですね。味噌汁は油揚げがたっぷり入っています。

いわしの中の明太子がピリ辛で、ごはんがどんどん進みます。辛いのが苦手な方は、大根おろしと食べるとあっさりして、食べやすくなります。味噌汁もあたたかくて、一口飲むだけで体が芯からぽかぽかしていきますよ!

刺身の鮮度と歯ごたえが抜群とクチコミで評判が高いので、次はぜひ改めて刺身御膳を食べてみたい!

一品料理などの居酒屋メニューも充実しており、用意されているお酒も美味しそうなものばかりですので、これからの季節の忘新年会や飲み会にもよさそうですね。

■肥後馳走屋 いねや■

住所:熊本県熊本市中央区新市街6-16 リッチモンドホテル熊本新市街1F

営業時間:(昼)6:30~15:00/(夜)17:00~23:00(オーダーストップは30分前)

休日:第二・第四火曜日

電話:096-311-2110

地図

お店のHPはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

7月4日オープン!早くもグルメの間で噂「中華そば SANYO」の透き通ったスープの中華そば!

2019.07.17

映えるのはあたりまえ! 素材にこだわりまくったタピオカシーンのニューフェイス「茶林堂」、7/1市立体育館前にOPEN!

2019.07.10

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal