*
とじる
*
とじる
*
とじる

合志市須屋の「元祖熊本らーめんこだいこ」が8月31日で閉店 ケータリング販売で継続

ライター:山田 山田
キーワード:

合志市須屋にある「元祖熊本らーめん こだいこ」。以前は下通りに店舗を構え61年間営業していた老舗中の老舗。下通り店は2016年に閉店しましたが、翌2017年、合志市須屋に復活し熊本のラーメンファンを大いに喜ばせました。しかし、この合志市須屋の店舗が8月31日で閉店するそうです。


8月31日で閉店

現在、合志市須屋の「こだいこ」にいくと、閉店の張り紙が。8月31日をもって閉店するそうです。

熊本ラーメンの老舗で、根強いファンも多い「こだいこ」。店舗が復活した際には大いに盛り上がりました。

深いコクとすっきりした後味がたまらない豚骨スープに、コシのある麺が相性バッチリで熊本ラーメンの代表格でした。

ラーメン好きにとってはとてもさみしいですね。

ケータリング販売は継続

店舗は閉店してしまいますが、「『こだいこ』の味を残したい」という思いから、ケータリングカーでの移動販売は継続されるそうです。

県内各地のイベントに出店し、今後も「こだいこ」のラーメンを残していくそうです。

スケジュールはFacebookページなどで確認できるそうなので、癖になるあのラーメンが食べたくなったらこの赤いケータリングカーを探しましょう!

これからも「こだいこ」の味を

「こだいこ」のスープは自前の工場で五右衛門釜を使用して作り、麺も自家製。しかし、店舗が無くなることで作ることができなくなるそう。業者に依頼して再現してもらうため、少し味が変わってしまうかもしれないそう。

ですが、しっかりと「こだいこ」の味を残していくために、いずれ工場を再建し、これまで続いてきた味を復活させるため準備もしているそうです。復活する日が楽しみですね!

現在の店舗は8月31日まで。食べておきたい人はお早めに!

元祖熊本らーめん こだいこ

住所

〒861-1102 熊本県合志市須屋1823−5

営業時間

11時00分~15時00分
18時00分~21時00分

SNS

Facebook

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

大津町にオープンした「肉酒場おんのや」で脂の旨味を感じる焼肉とこだわりの美酒を大満喫!

2023.07.09

くまモンの秘密基地!?3月19日「KUMAMON BASE」が肥後大津駅ビジターセンターにオープン

2023.03.18

スコップ1本でどれだけ深い穴が掘れるのか!川尻の「穴掘り大会」に出場してきた

2023.03.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal