*
とじる
*
とじる
*
とじる

【真冬の芸術】阿蘇一の宮にある「古閑の滝」は今が見どころ???

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

真冬の芸術は今が見所!?

最近は寒いですね。

そりゃ冬なんだから当たり前なんですが、
ここ数年暖冬とかで12月でも短パンランニングで犬の散歩をする近所の方がいらっしゃったり
例年そうでもない気候だったりしたのですが、今年はぽかぽか陽気から急にぎゅ!!と寒くなりましたね。
ある日布団から起き上がれないという事もありました・・・

しかし、冬は寒くならないと冬服のおしゃれができなかったり
街で暖かい食事と酒を呑むという、冬ならではのお楽しみもありまよね。

古閑の滝が今は素晴らしい!

さて、その寒いからこそ観られる自然の芸術があります。
それが、阿蘇市一の宮の「古閑の滝」

xsub3引用元:http://www.aso-aso.com/009sightseeing/10history/koganotaki/

滝が凍っています!!!

寒波に近い最近の気候の影響による、まさに今しか観れない真冬の芸術品。
落差100mもある「女滝」では、水しぶきが凍って無数のつららになってしまうんですね。

滝は本来であれば、強い流れの水が流れているわけですが
相当の気温降下なり自然の条件などが重ならないと、簡単にはこのような状態にならないはずです。

xsub2引用元:http://www.aso-aso.com/009sightseeing/10history/koganotaki/

かなり寒そうです・・・

阿蘇のオススメ観光情報サイト「阿蘇阿蘇ドットコム」

asoaso引用元:http://www.aso-aso.com/

この自然の芸術が観られる「古閑の滝」の情報は、
阿蘇の観光情報などを記載した「阿蘇阿蘇ドットコム」にて詳しく紹介されています!

実際に私の記事よりも、
「阿蘇阿蘇ドットコム」のサイトを見た方がいいと思うので、サイトをご案内しました。

ぜひ皆さんも阿蘇観光には「阿蘇阿蘇ドットコム」を利用してみてくださいね。

最後に

間違いなく今の時期しか観れない芸術!
行かれる際は足元に気をつけて、
お車の場合はスタットレスタイヤ装着の上で行かれてください。

実際に古閑の滝を観に行くためには
なかなかの道のりは覚悟した上で、
防寒具やシューズなどの装備をしっかりと。間違っても革靴じゃ危険です。
古閑の滝のご案内ページはこちら!

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal