*
とじる
*
とじる
*
とじる

【地上最強】ナスカにも劣らない!くまモンの巨大な地上絵が水前寺江津湖公園登場したぞ!!!

ライター:りよう りよう

くまモン 地上絵

seb201210020045出典:http://www.asahi.com/special/chara/SEB201210020044.html

熊本市の水前寺江津湖公園に
巨大なくまモンの地上絵が登場。

地上絵といえば
ミステリアスな話だったり
様々なオカルト話が飛び交うことが多いが
こちらのくまモンの巨大地上絵は他の地上絵とは全く違います。

実はこのくまモンの地上絵
熊本地震で全国から寄せられた支援に
感謝の気持ちを伝える絵として、水前寺江津湖公園の芝を刈って描かれました。

どのくらいの大きさなの?

縦40メートル
横60メートルという巨大な地上絵のくまモン

お辞儀をする
こちらのくまモンの地上絵には

as20160927001508_comm

「全国の皆さんありがとう」、「頑張るモン」という文字が描かれています。

熊本市といえば・・・ひごまるくんでしょ!!!

cimg0358出典:http://kumamon-official.jp/2012/04/22

こんなに仲良さそうなのに実は・・・

実は・・・なんにもありません!

当初はひごまるくんの地上絵で話が進んでいたそうなんですが
容姿が複雑で断念されたそうです。

でも地上絵って高台からじゃないと見れないよ

普段眺めることは確かに厳しいかもしれませんが・・・
10月1日と10月2日に開催される
「江津湖みなも祭り」で一般公開され
高所作業車で12メートルの高さから1回200円払えば眺めることができます!!!

企画した遠藤茂樹さんは、
「文字をきれいに刈り込むのに苦労しましたが、支援への感謝の気持ちが伝わればうれしいです」と話していました。

感想

史上最大級のくまモンの地上絵
地上絵なので普段眺めるのは厳しいかもしれませんが
飛行機に乗っている時にくまモンの巨大地上絵が見えたら
とても素敵だな。と個人的に思いました。

くまモンの地上絵が見たい方は
10月1日と10月2日に開催される
「江津湖みなも祭り」に行かれてみてください!!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03