*
とじる
*
とじる
*
とじる

その大きさ想像以上。「台湾鶏排(からあげ)」を1枚で食うか2枚で食うか。【熊本ミルクティー健軍店】

ライター:まりあ アバター

小さなお子さんから大人まで、みんな大好き。それがカラアゲ。

LA●SONのから●げくんのように、1口サイズをたらふく食べるのも良いですが、一度は思うはず…「巨大カラアゲにかぶりついてみたい!!!!」

そんな夢を叶えてくれるのが、タピオカドリンクで人気の【熊本ミルクティー】!!! 何と先月末から、台湾で大人気の「台湾鶏排(カラアゲ)」を発売しているそう!こんな巨大カラアゲは初めてでした…。


スマホ1台分の大きさ! これぞ本場の「台湾鶏排」

早速注文して運ばれてきたのが、こちらの「台湾鶏排(カラアゲ)」(税込550円)。これだとぱっと見普通ですが…

引いてみるとこの大きさ。見た目ハート型で可愛らしいのに、iPhone8一台分、重さ230g。いやいや大き過ぎませんか???

試しに持ってみましたが、めっっっちゃ重い!!! 手でガッチリ支えないと、後ろに倒れそうです。カラアゲとは思えない重量感なので、両手でしっかり持たないと食べづらいです。

6種類のフレーバーが楽しめる

もちろんこのまま食べるのも良さそうですが、ポップの下を見ると6種類のフレーバーの文字が。

●オリジナルペッパー
●カリーパウダー
●うま↑のり塩
●スパイシーチリ
●ブラックソルト
●しそると

う〜ん、どれも気になるのですが、一番想像がつかないブラックソルトにしてみました。

今回は、撮影のために最初は何もかけない状態で出していただいたので、自分でかけています。通常は、レジでフレーバーを選べばカラアゲにかかった状態で出てきます。ちなみに、ブラックソルトって炭塩らしいです。

どのくらいかけたら良いのか分からなかったのでかけまくったら、まっくろくろすけ。ちなみに、これはかけ過ぎです。

食べづらいと思う方は、頼むと半分に切ってくれるそうです。なので半分に切ってもらい…

合体!!!!!

ハンバーガーのようですが、これが一番食べやすいです。一枚で行こうと思ったら正直限界があります。お肉2倍!って感じがして得した気分になりました。

食べると、ザクリとした食感の衣と肉質が柔らかいムネ肉がたまりません。めちゃくちゃジューシーな上、ブラックソルトの程よい塩加減で食欲が倍増。230gって多くない…? と思っていましたが、あっという間にペロリ。多分5分くらいで食べました。

「台湾鶏排(カラアゲ)」が食べられるのは健軍店だけ!

今年7月20日にTSUTAYA健軍店1階に3店舗目をオープンされ、今月には水前寺にもオープンする「熊本ミルクティー」。

現在、「台湾鶏排(カラアゲ)」が食べられるのは健軍店だけ。しかも、無くなり次第終了なので、気になった方は健軍店へ足を運んでみてくださいね。

なお、超巨大カラアゲとタピオカドリンクを一緒に食べると、最初は甘じょっぱい無限ループができる!とか思いますが、最後の方にはお腹がパンパンになるそうなのでご注意を!!!!

熊本ミルクティー健軍店

営業時間

11:00~21:00

定休日

無し(TSUTAYA健軍店が休みの時は店休)

住所

〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍1丁目27−10(TSUTAYA健軍店1F)

電話番号 096-201-2404

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

アバター

まりあ

地方経済雑誌で記者と営業を経験した後、フリーライターとモデルになりました。25歳になったので年齢が見た目に追い付いてきたはず。

このライターが書いた他の記事

つけ麺屋「魚雷」の味噌ラーメン専門店【麺屋手前味噌】が子飼商店街そばに移転していたので行ってきた

2020.01.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

日頃の感謝を伝えたい!あの人にもこの人にも…と言ってたら目の前が見えなくなったのでシャディサラダ館に助けてもらった【プレゼント有!】

2020.04.01

PUBLIC RELATIONS

日頃の感謝を伝えたい!あの人にもこの人にも…と言ってたら目の前が見えなくなったのでシャディサラダ館に助けてもらった【プレゼント有!】

2020.04.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal