*
とじる
*
とじる
*
とじる

2016年の熊本地震で大きな被害を受けた水前寺にある「熊本競輪場」。

修復にも多額の費用が掛かることから、存続か廃止かの議論が長く行われ、今年2月にようやく一部縮小しつつ存続ということで、「熊本けいりん」再開のめどがたちました。

しかし、再開が2020年になる見通しで、熊本で躍動感ある競輪競技を見られる日は先のようです。

そんな中、熊本けいりんも修復中のバンク内で、復旧作業に支障の無い範囲でイベントなどを開催しています。今回は「熊本けいりん夏祭り」と名付けたイベントが8月23日(木)の17時15分から開催されます!


再開決定記念イベント!夏休みの思い出にぜひ!

引用元:http://www.kumamotokeirin.jp/

元々競輪場は、自転車レース用のとても広いスペース!見晴らしもよく、巨大なモニターもあるので、イベントにはとても便利な広場ですよね!

会場では子供達が喜ぶ夜市のアイテムが勢ぞろい!

ヨーヨーやスーパーボール釣りなど定番の出店や、お子さんの大好きなふあふあのエアー遊具、キックバイクの場内体験コーナーまであります!

お祭り定番グルメだって多数!家族で気兼ねなく行けるイベントのようです。

イベントステージ上では、英太郎さん、黒木さんバンドが登場!

イベントステージも大盛り上がり確実! 熊本知名度No.1タレント「英太郎」さんのスペシャルショーや、司会を務める黒木よしひろさんもメンバーとして参加するバンド「nozetteeno」さんのライブをあります!

謎のキャラクター「よしおっちゃん」の登場もある!?

また、現役競輪選手達とも触れ合えるコーナーもあり、プロとのローラー自転車対決もできますよ!

イベント終盤には、お楽しみ抽選会もあるそうです。

熊本競輪の復活に期待!

資料によると、熊本けいりんが事業発足から昨年までの総売上額は「約9840億円」と、一兆円に迫る金額で、そこからこれまで熊本市の一般会計に操出された金額は「約666億円」という大きな金額。それらは熊本市の社会整備などに大きく寄与してきたとのこと。

現在、競輪のサテライトスタジオ(場外売り場)は、競輪会場の他、熊本市新市街アーケード内と、市外ではありますが宇土市にもありますが、やはり鍛え抜かれたアスリートでもある競輪選手が全力で競い合う競技が生で観戦できるのが「ケイリン」ですね!

熊本けいりん復活を期待して、まずは熊本競輪場をみんなで楽しんでいきましょう!

■熊本けいりん夏祭り2018■

日時:8月23日(木)、17:15〜21:00

会場:熊本競輪場(東門入場口)

住所:熊本県熊本市中央区水前寺5-23-1

問い合わせ:096-383-5215(競輪事務所)

入場料:無料

地図

詳しくは熊本ケイリンのHPへ

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

熊本を拠点に販売中!環境に配慮したデニムリメイクファッション「CALINA.」

2024.03.05

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal