*
とじる
*
とじる
*
とじる

あの巨大唐揚げ「ちきゅうや」のからあげの味を忠実に再現している移動販売車を発見!

以前、市役所の真裏のお店で20年近く営業をされていた「ちきゅうや」といえば、知る人ぞ知る、あの400g以上ある巨大な鶏の唐揚げ。

私が若い頃に街で仕事をしていた際は、必ず週1・2回は「ちきゅうや」さんの唐揚げランチを食べてました。

現在は南阿蘇村にお店を移転されて、お昼中心の穏やかな営業を行っているようです。

あの巨大唐揚げで有名だった「ちきゅう屋」は今も阿蘇で元気に営業中!!!

もちろん、「鶏唐ランチ」も健在!ですが場所はなんといっても南阿蘇。なかなかそっち方面に用件がない限り、気軽に行くには少し厳しい道のりですが、「ちきゅうや」の鶏唐のキッチンカーがあるというのをご存知でしたか?

「ちきゅうや」の鶏唐を再現!しかも様々な味付けもあり!

とある水曜日。水道町の立体駐車場「水道町パークシティー」前のスペースで営業をするこのキッチンカーは、「くまさんちきん」。

「ちきゅうや」直伝の唐揚げをお手軽サイズでテイクアウトできてしまうお店なのです。

「ちきゅうや」の唐揚げはそもそも特大サイズ。

「そんなに食べられないから半分にして半額で…」といった要望にお答えするのが難しかったわけなのですが(残ったら持ち帰りは可能)、こちらでしたら、お店で出す通常サイズに近い大サイズと、もっとお手軽に食べられる量の小サイズがあるので、好みの量で食べきれるというのがいいですね!

しかも色んな味も選べる!

南阿蘇本店で出している生姜塩味、コンソメ塩味から。

こちらでは本店にはない、ここだけの味付け(テリヤキソース・カレー・甘酢)がもあります!

さらに追加でパン粉を付けて揚げてガーリックソルトを振ったザックリ食感メニューなど、味のバリエーションも豊富!

これなら毎回食べても飽きがこないですね!

しかもあの唐揚げがご飯物の唐揚げ丼としても登場!こういう食べ方も出来たんですね。

あの街で営業していた頃の“以前の味付けの唐揚げ”メニューもあり!

南阿蘇店となられて、「ちきゅうや」の唐揚げは味付けを少しヘルシーに変えています。

それは、夜のお酒のつまみとしての提供が主だった“強い味付け”から、阿蘇での昼営業を主とした変換をされて、それにより以前の味の脱却を図られたわけですが、昔からの常連客などは、あの中毒性もそそられるくらいの“にんにく醤油”の濃い味付けが懐かしい…と思っている方も多い!

そんな要望を聞いた「くまさんちきん」さんは…

あの街の熊本市役所裏で営業をしていた頃の味を復活!!

「くまさんちきん」のメニューとして取り入れると早速大人気のメニューとなったそうです!

あの街の時代を再現した「鶏唐」を食べてみました!

もう味わえないと思っていた、あの“ガッツリ”とした味付け!

これを食べつつ生ビールを飲み干すのが、どれほど幸福だったことか!

今の南阿蘇本店の味もとても美味しいのですが、私はこの唐揚げの味にもう麻薬のような感覚さえ感じていますので、「うまーー!!」という美味しさが爆発です!

見るからに色が濃いので味も濃いです。塩もガッツリ効かせてあるので、生唾もの間違いなし!

お肉もしっかりジューシー! 胸肉なんですがこれがまた美味いんですよ。

元々胸肉はヘルシー肉ですが、味わいはヘルシーとは真逆かな…。でもやっぱり肉も油も塩も美味い!!

キッチンカーは各施設を巡って営業中!

「くまさんちきん」は、主に週末は各種イベント会場や観光施設、平日だとパチンコ店の駐車場スペースなどでの営業が多いようです。

出店スケジュールは毎月変わるようですが、現在、毎週水曜日だけは、今回の場所である「水道町パークシティー」前で必ず営業を行っているそうですので、確実に食べたいならここが狙い目です!

今の熊本唐揚げブームの元祖の味!ぜひ味わってみて!

やはり私の中でもベストオブNo.1の唐揚げである「ちきゅうや」の唐揚げ。

以前味わっていた方なら懐かしい、初めて味わう人には新鮮な味となることでしょう。

ぜひいかがでしょうか?

■くまさんちきん(水曜日)■

営業時間
12:00〜19:00

場所

県内各地を移動販売
水曜日は固定で水道町パークシティー前

住所

定休日:月のスケジュールによる。

電話:080-6464-7737

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03