*
とじる
*
とじる
*
とじる

あの巨大唐揚げで有名だった「ちきゅう屋」は今も阿蘇で元気に営業中!!!

ライター:上野P 上野P

「ちきゅう屋」街から阿蘇に移転して数年、巨大唐揚げで有名なお店!?

私にとっての“ソウルフード唐揚げ”はココ!!
熊本にとっての元祖BIG唐揚げの発祥と言ってもいいお店が「ちきゅう屋」さんです!
鶏の胸肉ほぼ一匹分を使用し、その巨大な唐揚げをカラッと美味しく揚げてらっしゃいます。

以前は、熊本市役所のちょうど裏側に店舗があり
その昭和レトロ調なお店の外・内観は、それだけでお客様を楽しませてくれました。

市役所の裏にあったと言えば、「ああ!」という記憶のある方も多いかと。

以前はこんな昭和レトロのお店でした。

そこで約30年以上営業していたそうで、数年前に街中のお店を撤退し南阿蘇村に移転されました。
私は多い時で週1回はここに通っていたので、私の20代のころのカロリー摂取の大きな割合は、ここのBIG唐揚げであったことには相違ありません。

南阿蘇に移られてから、さすがに通う頻度は随分少なくなりましたが、数ヶ月に一度は、ここの唐揚げを食べるためだけに、俵山トンネルを通って南阿蘇まで車を飛ばしておりました。

ですが、昨年の熊本大震災。俵山トンネルが崩壊して不通となり、まぁそれでも迂回して行けないこともないですが、やはり南から上がって行く道としては尋常じゃない距離が当時は掛かります。

なので泣く泣く来店は暫く諦め、通路復活を待ち、今年ようやく俵山トンネルも開通!
まだトンネルまで行く途中の道が整備中で迂回路ぐるぐるもありますが、トンネルさえ通れば行ける!と思ってそのまま数ヶ月。。

そしてようやく先週、久々に伺って参りました!

はるばる久石まで登ってきましたよ!

ちきゅう屋さんは、俵山トンネルを抜けた先の、「道の駅 あそ望の郷くぎの」の近くにあります。

阿蘇に移転されてからすっかり阿蘇風の外観に!
あの旧式ポストは前のお店からのアイテムでした。

お洒落な玄関がお出迎え。どうも復興ボランティア向けのサービスがあるようですね。

現在はとても爽やかな店内に!

爽やかで優しい光が入る店内です。

店舗はふんだんに地元の木材が!

寒い時期用にストーブも完備。レトロでお洒落な形です。

カウンター席からは阿蘇の風景が一望。

おだやかで壮大で美しい、阿蘇の山々です。

メニューです!

「ちきゅう屋」さんってメニューも多いんですが、
まぁその中でもどうしてもオススメになってしまうのは、ちきゅう屋の鶏の唐揚げ!

熊本市役所裏に以前は隠れ家風なお店でありまして、ランチに週2回くらい、夜営業は晩ご飯メニューもあり、もちろん居酒屋的メニューもあったので、グループでの飲み会などにも使ったりしてました。

すいません来店した回数の8割くらいは「鶏の唐揚げランチ」の注文でした。
もはや来店して何も言わずとも向こうから「鶏唐でいいですか?」と聞かれる関係でした。ははは。
いや、本当に他の料理もよく洗練されていて美味しいんですよ!
パスタも美味しい、オムレツなんかもふわふわで美味しい。
水出しコーヒーも絶品でした。

お待ちかね「鶏唐ランチ」登場!

美味しさが他と際立つ。国産ハーブ鶏の胸肉使用!

鶏唐ランチ登場!!

鶏の唐揚げがまるで“どんどや”みたいになってます。。これで唐揚げ650g相当!

やっぱり近影でも鶏唐が大きい!!!
実は、阿蘇に移転されてから、唐揚げの味付けをもっとマイルドに変えたそうです。
以前は街のど真ん中店でしたから、味付けも濃い〜〜〜く!
油もふんだんに使われていました。飲み会になる夜のお客様が多いわけですから、酒がどんどん進む味だったのですが、こちらに来られてからは、事実上夜はあまり集客できないですしね。
店もほぼお昼メインとなり、現場に合わせるように鶏唐の味もヘルシーになっていきました。
※と言っても、今でも濃いさは際立ってますが。。

雄大な阿蘇の山々にそびえ立つ、雄大な鶏唐。
もはやその姿は地球にやってきた二足歩行ができる宇宙人なのかも!

鶏唐が大き過ぎ、量とは残念ながらバランスが合わない野菜サラダ。。

中までしっかりジューシー! しかし食べても食べてもお肉が減らない。。

ご飯、みそ汁はなんとおかわり自由!!
ただし、このBIG鶏唐を食ってしまいますと、そこからもはやおかわりまで進みません。

しかもお食事終わったらなんと!?

オリジナルゼリーのデザートまで登場!!

ベリー系の味で、このデザートのおかげで口元もさっぱり!
どうしても溜まった油の違和感を打ち消してくれますよ!

いつ食べてもこの鶏唐は本当に美味しい!

以前はこれに味付けがかなり、言い方はあれですが“中毒性”を誘発するような強い旨味で、私なんか週一はあの鶏唐を食べないともう手先に震えが。。となりそうな位の舌が欲する味でしたが、今の味はその美味しさは損なうことなく、その中毒性をあえて随分控えてあります。

つまり前より脂がマイルドヘルシー。まぁ熊本市街地と阿蘇ではお客様の求めるものも違いますからねぇ。
なので、以前に街で鶏唐を食べて「美味しいけど油が。。」と思ってた方は、今回のはとても食べやすくなっています。まぁ常連だった私にすれば「あの油がよかった!!」では多少ありますが。。

最後に

やはり俵山トンネルが使えないと、なかなか南から上がってこれない場所ですので、ようやく無事足を運べるようになったことは嬉しく思います。

これもひとつの身近な復興の進捗ですね。この他にも、赤牛バーグや阿蘇の特産品販売の「道の駅 あそ望の郷くぎの」や、その先には温泉も揃っています。そのまままっすぐ行けば高森まで行けますよ!

まぁまずはぜひ、このお店に立ち寄って頂いて「鶏唐」を味わって頂けたら!
※もちろん、鶏唐は余ったらタッパを提供して頂けるので、そのまま持ち帰れます!
※鶏唐は初めから持ち帰り用にも準備できますよ!

■ちきゅう屋■

場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2972-5

営業時間
月~金:11:30~15:00位
土・日・祝:11:30~17:00
※18:00~は電話予約のみ。

電話;0967-67-3101

詳しい情報はこちらで!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

【10月5・6日公演】あの名作におてもやんが登場!?爆笑ミュージカル「ロミオとおてもやん」

2019.09.27

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal