*
とじる
*
とじる
*
とじる

レンガ釜でじっくり!自家製燻製やハムを製造・販売!下江津の「ハム工房 赤ずきん」

ライター:山田 山田
キーワード:

煙でいぶして調理する燻製。お酒のおつまみにもぴったりで好きな人も多いと思いますが、家ではなかなか作れない。そんな燻製の専門店「赤ずきん」に行ってきました!


砂肝・ベーコン・ソーセージなどなど!自家製燻製のお店

熊本空港線を進んでいる途中、東区下江津で目に入るおしゃれな建物。ここが燻製を製造販売している「ハム工房 赤ずきん」。

店のケースには、各種燻製やハム、ソーセージなどがならんでいます!

人気なのは砂ずりの燻製や、

ブロックで販売されているベーコンの燻製など!

どれも、ひとつひとつ店舗に併設された工房で作られた自家製のもの。

手作りのソーセージも、定番から旬の野菜を使ったものなど種類豊富です!

ワインだけでなく、ビールや焼酎などのおつまみにもピッタリです!

こだわりのレンガ釜で旨味引き立つ!

お肉類は工房のレンガ釜の中で、じっくり燻製になって行きます!遠赤外線の効果で旨味と風味が引き出されるそうです。

ベーコンなどは吊るしてしっかり燻製にしていきます。加工中でもすでに美味しそう!

このレンガ釜を使った伝統製法はもちろん、素材にもひとつひとつこだわっているため、美味しい燻製ができるそう。

ソーセージも、丁寧に手でお肉を詰めて作っています。

ちょっといいおつまみや贈り物に!

素材から製法までしっかりこだわった「ハム工房 赤ずきん」の自家製の燻製。

手間隙かかっているので、ちょっと贅沢したいときのおつまみや、贈り物にもぴったりです!

自宅ではなかなかできないだけに、嬉しいお店ですよ!

ハム工房 赤ずきん

住所

〒862-0960 熊本県熊本市東区下江津1丁目15−14

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜日・第3木曜日

電話番号 096-200-2842

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

【熊本あるある】熊本で道を聞くと「ぎゃーん行ってぎゃーん行ってぎゃーん」って言われるとかいうけど、言われたことないから検証してみた

2021.07.27

ナンかライス選べる!500円のランチセットがお手頃!小峯「カレーの恋人」で本格カレーをテイクアウト!!

2021.07.26

健軍神社参道沿いにある「HEIKEYA」でふわっふわの台湾かき氷を満喫!あまくてひんやり最高かよ!

2021.07.25

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal