*
とじる
*
とじる
*
とじる

「何を食べても美味しい、おすすめのお店があるの!」と教えてもらった、水道町の「LA BRACE(ラ・ブラーチェ)」。行ってみると、展開されるお料理一品一品が、素晴らしい美味しさで、確かにこれは、「大切な人と一緒に、この感動を分かち合いたい!」と思うようなお店!

今回はそんな、炭火焼がおすすめのイタリアンのお店をご紹介します。


ヴィラージュビルの中の小さなお店

水道町のバス停前にある、ヴィラージュビル。

1階から3階まで、いろんなお店が入っている、オシャレな空間です。

こちらの入口から入って、1階左手側にあるのが「LA BRACH(ラ・ブラーチェ)」。

四角い木の看板と優しい色のグリーン、絵本に出てくるようなかわいい木の扉が目印です。

店内は窓もあって明るく、シンプルで洗練された空間になっています。

こじんまりとしていますが、扉を開けて中に入ると、街の喧騒から離れ、ほっと一息つけるようなお店です。

至福の炭火焼コース

ランチは、1,300円で前菜の盛り合わせにパン、ドリンクまでつく「パスタランチ」と、「お昼のコース」から選べます。

今回は、コースをいただいてみました。

前菜は、生ハムやしらすのクロスティーニ、カリフラワーのマリネ、レンズ豆のサラダなどの盛り合わせプレート。食感も様々でいろんな味を楽しめて、さっぱりしたサラダなどが、前菜にぴったりです。

フォカッチャも手作りで、店内で焼き上げられています。

パスタは、モッツァレラチーズのトマトソーススパゲッティにしてみました。

トマトソースが濃厚で、とろっとろのモッツァレラチーズとよく絡みあって、まろやかな美味しさ!

シンプルに、トマトの旨味とチーズの美味しさを楽しめるパスタです。

ちなみにクリームソースはこちら。

新鮮な豚ひき肉やハーブを腸詰した、イタリア発祥のサルシッチャが入っていて、うまみたっぷりです。

そしてメインは、お魚料理を選んでみました。

本日のお魚料理は、鰆の炭火焼。

ナイフを入れてみると、皮はパリッとしているのに、中はびっくりするほどしっとり…!!

この時期の鰆は、脂がのって美味しいそうで、そんな旬の鰆を丁寧に焼き上げられています。

旨味がぎゅっと閉じ込められていて、焼き目も香ばしく、中はジューシーで、今まで食べた鰆の概念を覆すほどの美味しさでした!

「LA BRACE」の店名は、イタリア語で「炭火焼」という意味だそうで、こんなにも炭火焼が美味しいのも納得です。

食後のデザートは、ジェラートかガトーショコラから選ぶことができ、ガトーショコラにしてみました。

濃厚なテリーヌのような、しっとりとしたガトーショコラも絶品!

チョコレートも上品な甘さなので、重たさもなく、幸せの余韻がずっと残り続ける贅沢なコース料理でした。

イタリアでも修業したオーナーシェフ

オーナーシェフの小幡さんは、もともとお店の近くにある「TRATTORIA FEDERICO」で働かれていて、2019年に独立され、こちらのお店をオープンされたそうです。

イタリアで1年、東京でも5年修業されたそうで、右上の写真のレストランが、小幡さんが働かれていたイタリアのお店とのこと。

イタリアから輸入されている食材もあれば、熊本県産の野菜なども使われているそうで、本場イタリアの味をリーズナブルに楽しめます。丁寧に焼かれた炭火焼や、生地から作られるフォカッチャなど、ひとつひとつ手作りで、愛情と手間暇をかけて作られています。

また、夜は5,500円~のコース料理に加え、単品のメニューも用意されています。

前菜やパスタやリゾット、メインの炭火焼など、様々な料理が楽しめます。

小幡シェフは、もともとイタリアの内臓専門店で働かれていたということもあり、和牛トリッパのソテーや、和牛ギアラの煮込みなど、ホルモン系の料理や、熊本や九州の魚を使った魚介類の料理もおすすめとのこと。

ワインを飲みながら、ディナーを堪能するのも良さそうです。

「街なかで食事が美味しいお店を教えて」と聞かれた時に、自信をもっておすすめしたいお店。ここでしか味わえない料理ばかりで、全身の細胞が幸せで満たされる場所でした!

LA BRACE(ラ・ブラーチェ)

営業時間

ランチ 11:30~15:00

ディナー 18:00~23:00

定休日

日曜日

駐車場

なし

電話番号 096-288-5580

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】炊きたての土鍋ご飯×旬の魚を心ゆくまで堪能できる!「魚飯時(さはんじ)」の旬の贅沢御膳

2024.06.05

【熊本市西区】マグロタワーが圧巻の「マグロノドン」が内容もパワーアップして5月30日堂々移転オープン!

2024.05.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

PUBLIC RELATIONS

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal