*
とじる
*
とじる
*
とじる

紅葉の時期ですね。今年はお天気がよく木々のづきもよさそうです。みなさんは紅葉を見にどちらへ行かれますか?山鹿で紅葉のスポットを見つけたので周辺を散策してみました。


もみじを植えて20年!まだ進化している紅葉の散歩道

山鹿市鹿北町にある「もみじ庵おがさわら」は菊鹿方面から鹿北町に向かって菊鹿鹿北線(県道18号線)進み、岳間渓谷キャンプ場の方面へ少し入った場所にあります。

自然豊かな広葉樹の山々の中に突然、赤やオレンジのもみじが現れるので、今の時期はすぐわかりますよ!

駐車場に止めて、お店まで遊歩道になっており、圧巻のもみじ!もみじ!もみじ!通路も整備されており、バリアフリーで車いすでも大丈夫。

12年前にこの場所にオープンした店舗は開放感があり、もみじを楽しむための造りになっています。

店内は開放感のある高い天井、窓も大きく外を眺めながらゆっくりと過ごせそうです。

店内には暖炉、柔らかい暖かさに囲まれます。

カウンター横には手水も!いちいちおしゃれ。

テーブル席が7席と座敷が2席あり、ゆったり座れます。

11月はランチバイキングのみのメニュー

通常はうどんやだご汁などの定食を提供されていますが、紅葉の時期の11月はランチバイキングだけのようです。

ランチバイキング 大人一人1,650円(子ども1,000円)12月からは通常のメニューを出されるそうです。

中央のテーブルに置かれたバイキングメニューは、カレーにおでん・・・

季節の煮物、あえ物、天ぷら、から揚げ、こだわりの蒸し鶏・・・

サラダにわらび餅やロールケーキなどデザートも!!

それより、一番奥の鍋は白玉ぜんざいかと思いきや、これが一押し!

じゃーん!栗ぜんざい!栗がゴロゴロ!

座敷からの眺めは最高!紅葉を眺めながら贅沢なランチ。

写真奥にトナカイのオブジェがありますが、もみじに囲まれていると鹿に見える不思議。夜はイルミネーションも綺麗だそうです。

お店の方にお話をお聞きしたところ、以前は今の店舗から50mほど先でお店をされており、20年前に山を切り開き、もみじを植え12年前にこちらの店舗に移転したと話してくださいました。

まだまだ山を開拓中で毎年違った表情を見られるかもしれませんね!

以前の店舗では今もテイクアウトの受付もしているそうで、もみじの遊歩道を散歩がてらに散策してみることにしました。

テイクアウトは事前にご予約を

紅葉を眺めながら散策していきます。(まだ敷地内)
階段を抜けて通りにでると

モダンな雑貨屋さんの隣にテイクアウトの案内が。

お弁当も500円とリーズナブル。要予約でお願いします。

隣の雑貨屋さんが気になりますが、閉まっていました。

貼り紙が・・・

元気な赤ちゃんが生まれたころに、また来ます。。。

まとめ

自然の中の素敵な紅葉がみられる「もみじ庵おがさわら」は11月末ごろまでが見頃のようです。

もみじ庵おがさわら

営業時間・定休日

営業時間 午前11時~午後3時まで

定休日  火曜日

電話番号 0968-32-3870

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ミシュラン熊本に掲載!隠れ家的なお店「そば是 上々吉」の絶品そば!

2021.11.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

【11月28日まで】くまもとクリエイターズマスク展に肥後ジャーナルオリジナルマスクも展示されているので行ってみた

2021.11.20

PUBLIC RELATIONS

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal