*
とじる
*
とじる
*
とじる

土・日・月のみ営業!南小国にあるカフェ「森の時間」でゆったりした時間を満喫!

ライター:なめ子 なめ子

こんにちは。なめこです。コロナ禍もまだ終わりが見えず、精神的にまいっている方も多いと思います。

そんな中、とにかく癒しの時間が欲しいという方におすすめしたいのが、南阿蘇にあるカフェ「森の時間」。森の中にひっそりと潜むカフェで、ゆったりとした時間の中、お食事することが出来ます。営業日は、毎週土、日、月曜日のみ。自家製のドリンクや手作りのとろとろプリン、可愛さ抜群のワッフルオープンサンドなどが頂けますよ。

早速、紹介します。


南小国町にある森の中に隠れたカフェ「森の時間」

場所は、南小国町赤馬場。

黒川温泉街に入る周辺、「あじさい通り」から細い小道を抜けた先に「CAFE OPEN」と書かれた看板があります。ここが「森の時間」の入り口です。

奥へ進むと、「あれ、カフェの場所間違えたかな!?」と思うほどの大自然が広がっています。

安心してください。さらに奥へ進むと、森の中にひっそりと潜む建物があります。ここが、「森の時間」です。

店内はこんな感じ。木のぬくもりを感じる優しい空間が広がっています。

地元の方、手作りの可愛いすぎる雑貨が並べられています。中でも、ポンポンアニマルが人気なんだとか。可愛いすぎて見とれてしまいます。

特等席は、森の中!テラス席でゆったりと「森の時間」を満喫。

店内で食べるのも良いですが、晴れた日はやっぱりテラス席で食べたいですよね。

一番人気の席がこちら。緑豊かな森林空間に包まれ、ゆったりとした「森の時間」を楽しめそうです。

他にもありますよ。ペットはテラス席のみ同伴OKだそう!モラルを守ってご利用されてください。

冬は、ここで焚き火を眺めながら食事を楽しめるそうです。くつろげる!と評判が良いそうですよ。焚き火のおかげで、テラス席でも暖かく過ごすことが出来ますね。

囲炉裏の奥にある扉の開いた部屋を覗くと、個室がありました。まるで絵本の中の世界のよう。個室でゆったり過ごすのも良いですよね。

「森の時間」で時間を忘れてのんびりお食事!

お店のおすすめ「ワッフルオープンサンド」(1300円)。サラダとスープ付きです。見た目が、とにかく可愛い!ワッフルオープンサンドから頂きます!

うわ~。おいしそう。

とろけた卵が、塩豚と絡み合って、ワッフルとなんさま合う!!ワッフルは甘くなく、外はサックっと中はふわっとしています。

森の中でワッフルを頂くって、なんだかおしゃれで贅沢な感じがしますよね。

続いては、スープ。

鶏ガラベースのスープに、旬のお野菜の長なすがごろごろと入っていてコクのある味。焼きなすが大きくて食べ応えがあります!

とろとろプリンが激うま!

とろとろすぎると話題!お店イチ押しの蒸しプリンがこちら。食べていきましょう。

見てください!このとろとろ感。

スプーンを入れると、とろとろすぎてあっというまに形が崩れてしまいます。ほろ苦のカラメルがたっぷり絡み合い、まさに絶品蒸しプリン!

テイクアウトもできますよ。

ドリンクは全て自家製!

ドリンクは全て自家製だそう。珍しいものを飲みたい!ということで山ももソーダを頂きます。

完熟の山ももは、無添加で体にも良いそう。シュワッと爽やか!夏にぴったりなドリンクでした。驚いたのは、上に飾られたミント。これ、美味しすぎて個人的にめちゃくちゃヒット!ミントってこんなに美味しかったけ!?と疑う程の美味しさ。店主によると、「森の時間」内の森の中で育った無農薬のミントだそう。是非、ご賞味を!

せっかくなら、1番人気も飲んでいってくださいということで、「黒糖クルミミルク」も頂きました。

牛乳は、小国ジャージー牛乳を使用。すり潰されたクルミの風味とほのかな黒糖の甘みが、ミルクの美味しさを引き立てています。飲めば分かる、人気ナンバーワン納得の味でした!

静かな空間で癒しの時を「森の時間」で。

“静かな空間で、自分の部屋のようにくつろげる“

そんな場所を目指して、お客様に癒しの森の時間を提供されています。時間を忘れてゆったりしたい時、是非立ち寄ってみてください!

森の時間

住所

〒869-2401 熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場2344

営業時間

土・日・月曜日

11:30~17:00頃

定休日

お休みする際は、Instagramにて事前にお知らせ

SNS

Instagram

電話番号 0967-42-0036
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

なめ子

なめ子

ふっ軽代表21歳。好きなものは、ビール。いつも食べ飲み歩きしてます。チャームポイントは、21年間虫歯0の歯です。

このライターが書いた他の記事

特別な日に行きたい。山鹿にある「ビストロネージュ」は、お庭から手作り!空間からお料理まで、シェフのこだわりがとにかくすごいお店だった!!

2021.08.29

菊池にある「ひまわり食堂」でボリューム満点!”どっかりこなくて、飽きずに食べやすい”トンカツを頂く!

2021.08.16

土・日・月のみ営業!南小国にあるカフェ「森の時間」でゆったりした時間を満喫!

2021.08.10

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal