*
とじる
*
とじる
*
とじる

合志市になにやらおしゃれな店舗が。伺うとおはぎ専門店でした。まだまだ準備中の最中、お話を伺ってきました。


合志市熊本天使園前

熊本天使園向かい側で、おはぎ専門店「mottidalinda」モッチダリンダが絶賛準備中でした。

じゃ~ん。おしゃれ。

この外観に、「おはぎ専門店」というのもびっくりします。

結構車通りが多いので、皆さん指さしながら、「おはぎ専門店だって~!」と言われてるのが分かります。

おはぎの専門店「モッチダリンダ」デビューです。ソフトクリーム類も出す予定、だそうです!

創作おはぎの原点

見て下さい、この素敵なおはぎ。

緑茶おはぎ。クリームチーズ。バナナココナッツきな粉。

聞いたことのないおはぎばかり!素材はとにかく専門の所にこだわってお願いして、その材料を使用して作っているそうです。緑茶味やほうじ茶味などは山鹿の佐とう製園さんのもの。一つ一つの材料にこだわりを持つことで味に深みがあります。

こんなに映えて、美味しそうで、いいの!?

メニューはどんどん考えていくそうで、お子様からご高齢の方までたくさんの方々に愛されるおはぎを提供できたら、との事でした。

おはぎの原点である餡子は、店主の師匠である方の味を受け継いでいるそうです。全貌は明かされず。

こんなにからふるで煌びやかならば、味がばらけていそうと思いきや、餡子やお米の味、触感が口の中で一つ一つ丁寧に解けていきました。こんなに今時の見た目でも、きちんとおはぎなんです。ぜひとも。

魅惑のミルクセーキ

モッチダリンダのもう一つの売りは「ミルクセーキ」

なんかすごーーーいおしゃれ。

おはぎたちと並べてみました。スタイリッシュかつ美味しそう。

こちらのミルクセーキは本来よくあるミルクセーキを一つ一つ分解して、重ねたような構造にしているとのこと。

カリカリふわふわシャリシャリ、がすべて味わえる店主のこだわりの詰まった一品となっています。

まだまだ未知のモッチダリンダ

オープンは6月13日。その日はすでに予約で完売したそうで、その後三日間ほどはかなりのご予約が入っていたようです。「対応できるよう頑張ります」とのことでしたが、インスタグラム 

のダイレクトメッセージからご予約いただけるとスムーズに対応できますとの事でした。

また店舗前の駐車場には数台駐車出来ますが、長時間の駐車は出来ませんので、よろしくお願いいたします。

Instagramもすでにフォロワーが沢山!大変混雑が予想されますので、ぜひともご予約をお願いいたします。詳しいメニューなどもInstagramで随時更新するとの事でした。店内の混雑等の避け、思いやりのソーシャルディスタンスをよろしくお願いいたします。

モッチダリンダ mottidalinda

住所

合志市須屋2895-7

TEL

070-4699-8864

駐車場

4~5台あり

営業時間

11時~18時

問い合わせ

ajtgjm9887@iCloud.com

メール問い合わせ24時間OK

定休日

不定休

Instagram

https://www.instagram.com/mottidalinda/

インスタグラムからの問い合わせも24時間OK

電話番号 070-4699-8864

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ひらの

ひらの

映画を見ながら洋服を作る人。「好き」を見つけたらカメラを持って飛び出して行きます。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal