*
とじる
*
とじる
*
とじる

【炙り&鍋】出仲間にある予約制のA5ランク黒毛和牛ランチ!

キーワード:

57号線を旧浜線方向にまがり直進し、居酒屋さんの隣にある「鍋奉行」。ここは質の良いお肉を炙り焼きやお鍋などで楽しめるお店です。

夜は18時~、ランチは予約時のみ開店しているそうです。


完全予約制のランチを楽しむ!

店内に入ると、カウンターと4人がけのテーブル。奥にお座敷があります。

ランチは完全予約制にですので、前日までお店に予約をされてください。

ランチで美肌豚とA5ランク黒毛和牛が楽しめる!

鍋奉行のランチメニューはこちらです。

美肌豚炙り焼き1000円(京都産)
A5ランク黒毛和牛炙り焼き1200円(熊本産)
美肌豚&黒毛和牛炙り焼き1500円
ご飯おかわり自由 デザート付

今回は、この中からA5ランク黒毛和牛炙り焼きを選びました。

柔らかなA5ランクのお肉を炙り焼きとすき焼きで楽しむ!

ご飯(白米または麦)とお味噌汁に豆腐サラダ、お漬物が並びます。ご飯がおかわり自由なので男性もお腹いっぱいランチを楽しめます。

こちらがランチの黒毛和牛炙り焼きのお肉。大きく赤い色のお肉には、きれいな霜が走り、とても綺麗です。

炙り焼きはしゃぶしゃぶ用のお肉を鉄板で焼いて食べるスタイルです。大きなお肉が目の前でジュ―と音を立てながら焼けていく様子はたまりません。

炙り焼きは自家製タレか、かぼすポン酢で楽しめます。一口食べると実に柔らかく、口に広がるお肉の旨味とじゅわっとした肉汁に震えるぐらい感動しました。

こちらはすき焼きA5ランク黒毛和牛すき焼き1人前2500円(税込)。その他、つみれ鍋や、もつ鍋、美肌豚しゃぶしゃぶ、毎月ある郷土の鍋など限定メニューもあります。

あくが出ないのは質の良い食材を使っている証拠。

グツグツと甘辛味に染みた300グラムの野菜がたっぷり入っている鍋の中にお肉をダイブさせます。濃厚タレで煮込まれた上質のお肉に溶き卵を絡ませるとまさに絶品です。

すき焼きの〆はうどん。野菜やお肉の旨味を全て吸ったうどんがまた絶品!ランチは最後にデザートのアイスが付きます。

もう少し食べたい時はお肉の追加もできます

凄く美味しかったので、もう少し食べたいなと思った時は追加で注文です。贅沢なランチを思う存分楽しめます。

まとめ

鍋奉行は1200円からのお値段でお肉の旨味を堪能できるお店でした。お鍋もありますし、炙り焼き食べ放題もあります。気になられた方はぜひ、予約をして美味しいお肉を味わってください。

■鍋奉行■

営業時間:ランチ火・水・木(11:00〜14:00)※ランチは完全予約制
ディナー:月〜土:18 :00 ~22:00
定休日:日曜日
TEL : 096-273-9687
住所:熊本市南区出仲間5丁目6-10
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

玉名の雑貨屋さん「Soramomo Manly + 吉田文具店」は素敵な空間に可愛い雑貨がたくさん!

2019.09.08

7月4日オープン!早くもグルメの間で噂「中華そば SANYO」の透き通ったスープの中華そば!

2019.07.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal