*
とじる
*
とじる
*
とじる

EXILE NESMITH(ネスミス)が肥後ジャーナルに登場!オリジナルソング「さるこうよ」について語ってもらった

ライター:しゅん しゅん
キーワード:

我らが熊本の誇る超有名人・EXILE NESMITH(ネスミス)が発起人となって制作された熊本の楽曲をご存知でしょうか?

TKUの音楽番組『NES-FES.』(ネスフェス)内で立ち上げた企画「HIGO-UTA」の第1弾として制作された、オリジナルソング「さるこうよ

地域密着型のローカルWEBサイト「肥後ジャーナル」としては、なんとしてもこの素敵な楽曲を取り上げたい!

そんなことを言っていたら、まさかのEXILE NESMITHさんが肥後ジャーナルの取材を受けてくれることになりました!!

やべえ!!!


そもそも「さるこうよ」って?

今回楽曲のタイトルとなった「さるこうよ」とは、熊本弁で「歩こうよ」の意味。

そんな意味を込めたオリジナルソングを歌っているのは、

・EXILE NESMITH(ネスミス)

・Leola(レオラ)

・中田裕二(ナカダ ユウジ)

こちらの熊本出身の3名で制作から始められたようです。

まさに熊本人による熊本の為の熊本の楽曲!

肥後ジャーナル事務所にEXILE NESMITH降臨!

NESMITH

こんにちはー!

うわあ。マジで来ちゃったよ。ガチネスミス。かっけえ。すげー洒落とるし。

こんな目と鼻の先にネスミスいるなんて…

NESMITH

今日は「さるこうよ」について取り上げて頂けるとお聞きしました。ありがとうございます!

しゅん

あ、コチラこそわざわざお越しいただいてありがとうございます。よろしくお願いします!

(礼儀正しいな!てか、普通に話す声のトーンすらかっけぇ!)

制作の経緯は?お気に入りの歌詞は?インタビュー開始!

座っとるだけなのに画にならす

しゅん

まずは「さるこうよ」について、制作に至った話をお聞きしたいです!

NESMITH

「NES-FES.」という音楽番組がTKUでスタートして今年で2年目になるんですが、番組として何か形に残るものを残しておきたいなと思いまして。

熊本は震災がありましたし、今年は世界的にも新型コロナウイルスの流行があって、そんな中で自分たちが出来ることは【歌】で元気やエールを送ることだと思い、楽曲を制作しました。

緊張してiPadの電源入れそびれた

しゅん

EXILE NESMITHさん以外にも、同じく熊本出身のシンガー、Leola(レオラ)さんや中田裕二さんと一緒に制作から始められたんですよね。

NESMITH

はい!同じ事務所で後輩のLeolaや、自分も昔からファンだった中田裕二さんにお声掛けさせて頂きました。

3人でリモートでのミーティングを重ね、アイディアを出しあって形になったのが「さるこうよ」です。

リモートでのミーティングは初めてで難しかったとのこと

しゅん

次は歌詞の話になりますが、なんだか全体的に情景が浮かんで来たり懐かしさを感じます。

特にサビの「共に我が街を さるこうよ」の部分は、僕も好きでした!

NESMITH

「共に我がを さるこうよ」の部分は、僕も気に入っている部分です!

その部分、元々は「共に我が道(みち)を さるこうよ」だったんですが、熊本人ってアーケードを始めとした繁華街を「街」と呼ぶじゃないですか?

「道」も素敵で良い歌詞だったんですが、3人の中で熊本の人が聴いて直感的にイメージが湧くのは「街」っていうワードの方じゃないかとなりまして、「共に我が街(まち)を さるこうよ」になりました!

なかなかレアな制作の裏話聞けた

しゅん

言われてみると、特に「街」というワードに懐かしさを感じたかもです。熊本人ならではですね(笑)

最後になりますが、EXILE NESMITHさんにとっての「さるいてきた場所」ってどこになるんですか?

NESMITH

なるほど〜!僕の「さるいてきた場所」ですか(笑)

んー、初めてストリートライブをやらせて頂いた「下通り」ですかね!

角マックの近くや当時のダイエー辺りで、飛び入りで参加したストリートライブは強く印象に残っています。

「下通り」は僕の原点だと思います!

しゅん

凄く良い情報が聞けました。

普段僕も通っている「下通り」が原点と聞いて、勝手ながら一気に親近感湧いてきました!

配信は12月25日(Xmas)より!

サインにも笑顔で応対してくれました

今回ご紹介させて頂いた「さるこうよ」ですが、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify他、各音楽配信サイトにて 12月25日より配信開始!

詳しくはこちら

EXILE NESMITHさんをはじめ、Leolaさんや中田裕二さんの熊本出身の3人が歌う楽曲は熊本人なら一度と言わず何度でも聴いてみるべし!

また、今回の配信による売り上げ(経費を除く)は、熊本の復興支援に寄付するとのこと。
※「日本赤十字社熊本県支部」に寄付予定

記念写真まで撮っていただきました。最後の最後まで優し過ぎた…。

今回インタビューに快く応じて頂いたEXILE NESMITHさんがVJを務める音楽番組『NES-FES.』(ネスフェス)は、

毎月第二・第四金曜日24:55〜よりTKUテレビ熊本でオンエア中です!

様々なアーティストの新曲MVをはじめ、熊本の地元アーティストを応援しながら、最新の音楽情報を発信されています!

こちらも要チェックです!

NES-FES.

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

しゅん

しゅん

こう見えて根は真面目です。最近性格をこじらせてるとよく言われる20代後半です。映画とサッカーと音楽で構成されてます。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

PUBLIC RELATIONS

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal