*
とじる
*
とじる
*
とじる

「俵山交流館萌の里」にて、にしはら福幸プロジェクト「マウンテンjam&かぞくフェス」が開催!

ライター:上野P 上野P

俵山交流館萌の里にて、にしはら福幸プロジェクト「マウンテンjam&かぞくフェス」が開催!

nisiharamura-1

開催は3月25日(土)10時から! 西原村の復興応援イベントです!

昨年4月の熊本地震からもう約10ヶ月。
熊本では益城町などを中心とした自治体で大きな被害を受けましたが、
西原村は、俵山トンネルや萌の里など、主要な交通や施設が軒並み大きなダメージを受け、
道路などは今でも不通となっているところも少なくありません。

仮設住宅でも約400世帯以上に上り、やむなく故郷を離れて行った村民も多数いらっしゃるようです。

moenosato俵山交流館 萌の里の写真

ですが、「地震が大地を切り裂いても、人々のつながりは断ち切れない!」という強い思いのもと、
「未来へつながる福幸」を合言葉として、西原村復興の象徴でもある「俵山交流館 萌の里」でイベントが行われるようです。

KENTA_863deadh_TP_V

ピクニック気分で、テントやマット持参でOK!

当日は、気軽なキャンプのつもりでご参加できるそうなので、
午前10時から午後5時まで、ゆっくりとした楽しいイベントが体感できるようです。

音楽メインステージ&キッズステージ

熊本県内外より地震以降支援活動を支えてくれた様々なアーティストが、今回の復興イベントにも参加!
音楽メインステージのほか、キッズステージという舞台もあり、
ーティストの演奏に加え、親子ファッションショーやバルーンショーもあるとのこと!

キッズエリアも登場!

「お山の子供の遊園地」当日限りのオープンです!
子供が自ら遊びを想像できる様々なアトラクションが用意されているそう!
また、「キッズヘアメイクコーナー」や「プロカメラマンによるファミリーフォト撮影会」なども準備中!

熊本地震復興企画「明日をつくる暮らしの写真展」も開催!

熊本地震もうすぐ一年。ささやかな日常の中に未来への希望を紡ぎながら
災者の方やボランティアの方、様々な立場から撮影した西原・熊本の記録展を開催。

でもやっぱりメインは「フードコーナー」!!!

0I9A6349ISUMI_TP_V※写真はイメージです

西原や益城を始めとして、熊本県内外よりこだわり素材のおいしくて魅力あるお店が大集結!


☆出店予定のフードなお店の皆様

Sakata sweets (シフォンケーキ・チーズケーキなど)
chang-PLANT(チキンカレー)
たんぽぽハウス(赤牛牛骨ラーメン)
神戸たこ焼き(絶品たこ焼き)
俵山焙煎珈琲(自家焙煎珈琲)
Café popolus(ジャークチキン・フランクフルト)
banco café  (ロコモコ・馬丼)
クレープショップサニーズ(クレープ)
岡本商店(益城プリン)
石窯ピザハーベスト (揚げピザ)
地球農園(ミカンの加工品とミカンジュース)
江口農園(無農薬柑橘類販売)
田舎工房(農産加工品・おやつ)
Boulanger PAO(パン・ラスク販売)
Aoca(サバサンド・フルーツティー)
Peacemanstyle (酵素ジュース・べジごはん)
おやつ畑(手作り駄菓子)
西原商工会青年部(ハイボール・西原復興Tシャツ販売)
阿蘇のおやつ(お米のせんべい・クッキー・大学芋)
福幸プロジェクトチーム(赤牛炭火焼き・フライドポテト・からあげ・ドリンク)


飲食以外にも、服飾&雑貨販売、体験会、美容、はたまた占いまで!?
本当に様々なお店や団体が大集結しているようですね!

「俵山交流館萌の里」がついに全館オープン!

moenosato

そして当日は「俵山交流館萌の里」がついに全館オープンの完全復活!
それでイベント終盤には、記念の抽選会や餅投げまであるとのこと!

最後に!

まさに行くだけでこんなに至れり尽くせりのイベントも珍しいかも!
最近は天候がまだ不安定な部分がありますが、
一日ぽかぽか陽気の日も増えてきましたので、当日がそうなってくれたら最高ですね!

■会場/俵山交流館萌の里■

主催:にしはら福幸プロジェクト 西原村商工会青年部
協力:俵山交流館 萌の里
日時 平成29年3月25日(土)
午前10時~午後5時
場所 西原村 俵山交流館萌の里
※同日萌の里全館再オープン!
詳しいイベント案内のFacebookページがこちら!
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

PUBLIC RELATIONS

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

【10月5・6日公演】あの名作におてもやんが登場!?爆笑ミュージカル「ロミオとおてもやん」

2019.09.27

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal