*
とじる
*
とじる
*
とじる

帯山に移転OPEN!ママを甘やかしてくれると噂のカフェに行ってみた♡

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター
キーワード:

ママを甘やかしてくれると噂のカフェって?

「子連れOK」とか、「キッズルーム完備」など。
子どものいるママにとって優しそうなカフェは数多く存在しますが、「ママを甘やかしてくれる」と言うのは、初耳!果たして、どんな風に甘やかしてもらえるのか?

そもそも、ガチで甘やかしてもらえるの・・・
早速、2児のママライターshizuが、噂のカフェに行ってみました♪

噂のカフェの名は、サクラキノイエ!

帯山小学校から道を挟んで真ん前!
お店の駐車場から帯山小学校の校庭を一望できる立地にあるのが、ママを甘やかしてくれると噂のカフェ、サクラキノイエです。

全室南向きで日当たり絶好調のサクラキノイエ♪
ゆとりの駐車場スペースは、車社会の熊本ではとっても嬉しい気遣い♡
お店に入る前の段階から、チャイルドシート装着済の車で登場した私の心がくすぐられ始めます。

早速、店内へ♪

見た目はTHE日本家屋なサクラキノイエの入口は、どこでもドアを彷彿させるオシャレな片開き。
ドアに付けられた窓からは、これまたオシャレなシュークローゼットを垣間見ることができます。

ドアを開けてすぐ、玄関では靴を脱いでスリッパに履き替えます。

この門をくぐり抜けることで、やっと、店内に足を踏み入れることができます。
ちなみに、この門は、子どもが脱走するのを防ぐ役割を果たすものですが、脱走したくなるような物は店内のどこにも見つけることができませんでした。

これでもか!と言うほど、オシャレで可愛くてやさしさに溢れた店内

いや~。
昨今のリノベーションレベルって、めちゃ高いんですね。
もはや、日本家屋感ゼロ。
店内にいると、もはやここが熊本だということすら忘れてしまいそうな雰囲気です。

照明一つとっても、ここまでオシャレなお店だったとは・・・
本当に、本当にいい意味で。完全に期待を裏切ってきます。

そして、店内の壁には、またもやオシャレなドライフラワーが!
こちらは、オープン祝いでもらった花々の進化形だそう。
普段ならゴミ箱にポイされてしまう切り花がここまでオシャレに変身するとは・・・

手前のテーブルに置かれているのは、販売目的とは真逆を行く、フリー胡粉ネイル。
サクラキノイエを時間制でご利用される方であれば、どなたでも自由に使っていいそうです。
※サクラキノイエにネイリストは在籍しておりませんので、あくまで、ご自身で塗られてください。

胡粉ネイルの隣には、これまたフリードリンクのほうじ茶♡
これからの季節、どんなにガブ飲みしても怒られないのが嬉しいですね♪

子どもたちが自由に遊べるキッズスペースは、危険レスの放置地帯!
「お店のだから触っちゃダメ!」「落書きしない!」など、ママの頭から角が生えないような工夫に満ちています。

ちなみに、私が確認した限り、ぬいぐるみたちの動きは確認することができませんでしたので、こちらの柵は子どもたちのために設けられているようです。

その他、店内の至るところに、実際に手に取って読める本が置いてあります。

「高いところに置いてある本をわざわざ手にとって読むヤツなんていないだろう・・・」なんて、考えもしない良心的なオーナー。

全て、お金を出して、本を購入しているそうです。

これらの本は、廊下に寝ころんで読むとさすがにお店に迷惑がかかってしまうので、ソファーに座って読むのがベター。

ちなみに、ベビーベッドに収まるサイズの人であれば、廊下で寝ころんでも許されるそうです。

ママと赤ちゃんのためだけに特別に用意された、授乳室。

ここでは、意外と長い授乳中でも、本をながら読みすることでママを和ませる工夫がなされています。

授乳で疲れ切ったママは、ふかふかのシート席でゆっくりゴロ寝OK♪

サクラキノイエにうるさい姑はいませんので、心ゆくまで自分の好きに過ごすことが許されています。

寝起きにうっかりテーブルに頭をぶつけても、絶対に割れないグラス!
注)中身はこぼれます。

店内で使われている食器は、全て、割れない素材で作られているので、やんちゃざかりの子どもでも怒られる可能性を限りなく減らす工夫がなされています。

サクラキノイエでは、子どもを預けながらエステも受けられる!

サクラキノイエでは店員さんが子どもを見守ってくれるので、子どもの預け先がないママでも安心してエステを受けることができます。

エステのメニューはこちら↑
選べるメニューが豊富なのも、ママ心をくすぐってきます。

エステで溜まった心もカラダもデトックスした後には、美味しいお食事が待っています♡

もちろん、子ども用のキッズプレートや、ドリンクも用意されています。

夜メニューは、PTAの集いや、保育園・幼稚園のママ会からも予約が殺到しそうなラインナップ。
ドリンクメニューのお酒は、昼間から飲んでも怒られないそうです。

これらの食事は、こだわりの生産者さんたちの協力によって愛情いっぱいに作られているので、安心・安全!
普段料理をしてばかりでゆっくり食事をする機会に中々恵まれないママの胃袋とハートを鷲掴みしてきます。

サクラキノイエの料金システム

長時間パックなど、満喫を見習った料金システムでは、ママの気分や予定に合わせて、好きな時間を選択することができます。

子育てをしながら仕事もしている頑張り屋さんのママは、コワーキングスペースとして使うこともできます。

【結論】サクラキノイエは本気でママを甘やかしにかかってくる!

将来的には、ママの雇用も視野に入れているというオーナー。
ママが子育てをしながら働ける職場やシステムも検討中とのことで、サクラキノイエでは益々ママの笑顔が溢れそうな予感です。

サクラキノイエ

熊本市中央区帯山4丁目13-18

TEL 096-237-7845

営業時間 11:00~22:00

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal