*
とじる
*
とじる
*
とじる

平成最後の大晦日はどう過ごされるご予定ですか?

除夜の鐘がつけるお寺をご紹介しましたが、もう1カ所だけご紹介したい除夜の鐘があります。

熊本地震後の翌年2017年4月に新しく建立された鐘楼「復興の鐘」を撞くことができるる「公園墓地菩提樹苑 鐘楼堂広場」です!


鐘は島崎の菩提樹苑内に建立!

「菩提樹苑」は熊本市本庄にある「真言宗 本蔵院」が管理する公園墓地です。

鐘は、本蔵院の敷地内ではなく、この島崎の「菩提樹苑」内に2017年4月に新しく建立されました!

熊本県内でもおそらく一番新しい鐘で、除夜の鐘を突くことができます!

とにかく広い!!「菩提樹苑」

「菩提樹苑」の、初めて足を運んで驚いたのはその広大な広さ!

墓所からは熊本の市街地を一望できます。天気がよければ阿蘇の方向まで見えるとのことですので、本当に素晴らしい場所です。

引用元:http://www.honzouin.or.jp/archive/detail04/

鐘がある「鐘楼堂広場」まではずっと山登りの先ですので、車で登らないと厳しい距離かも。ただ、大晦日は現場の駐車場は賑わう可能性は高いかとは思います。

その菩提樹苑の先に真新しい大鐘が!

まさに屋根瓦や組み上げた木材などが美しい鐘である「復興の鐘」があります。

本蔵院や菩提樹苑でも被害を受けた熊本地震。悲しいことに亡くなった方も多く、鎮魂と災害復興の想いを込めての、新しい鐘の建立となったそうです。

この「復興の鐘」は、菩提樹苑の職員さんの許可を得れば、誰でも自由に撞くことができます。

真新しい鐘が撞けるというのもまた貴重な体験だと思いますよ。

実際に撞いてみました!

この復興の鐘を、私も許可を得て撞かせていただきました。

「ごぉぉぉぉーーん!」という音はとても神聖で、この鐘の音を聞くと心穏やかになることができますね。

なお、この「鐘楼堂広場」では108回という規定は時に縛っていないそうで、ご来場される方々が自由に鐘を撞くことができます。

熊本では加藤神社と阿蘇神社とここだけの「醍醐の桜」があります!

いまの時期は流石に枝だけの状態とはなってますが、この桜の木は、「醍醐の桜」といい、元々は本蔵院の総本山「醍醐寺」にある樹齢150年のしだれ桜。

引用元:http://www.honzouin.or.jp/archive/detail04/

実は熊本地震後の2016年11月に真言宗の青年僧侶約百名が加藤神社と阿蘇神社に集結。大規模な地鎮祈祷「百螺祈願」がおこなわれ、その際に「醍醐寺」の「醍醐の桜」を、バイオ技術で「クローン桜」を増殖し、熊本に植樹。それが加藤神社と阿蘇神社と、この菩提樹苑の「復興の鐘」の隣に植樹されたそうです。

引用元:http://www.honzouin.or.jp/archive/detail04/

上記の桜の写真は「醍醐寺」にある醍醐の桜になります。美しい桜ですね!

当日は鐘のそばで護摩祈願も!

引用元:http://www.honzouin.or.jp/archive/detail04/

なんと除夜の鐘の時間は、真言密教に伝わる秘法「元朝護摩祈願」もおこなわれるそう!

大人は祈願料がありますが、中学生以下のお子様は特別に護摩木を無料授与されるそうなので、ぜひ子供の祈願をお願いしてみては?

開始は大晦日23時から!除夜の鐘を撞いて心清らかに

除夜の鐘の受付は23時から25時まで。会場では数量限定ですが温かい五智汁(ごちじる)も振舞われるそうですので、今年の大晦日夜は復興の鐘を鳴らしに行くのもいいですね!

■真言宗 本蔵院 除夜の鐘■

会場:公園墓地菩提樹苑 鐘楼堂広場

住所:熊本県熊本市西区島崎5-927-6

開催時間:23:00〜翌1:00

問い合わせ:096-356-1962

地図

お寺のHPはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal