*
とじる
*
とじる
*
とじる

ただいま!と言いたくなる最高のおもてなしと地元食材料理の店「熊本地酒と旬の小料理 おてもやん」

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

今年オープンしたばかりの、「熊本地酒と旬の小料理 おてもやん」。下通アーケードのイタリアントマトさんから曲がってしばらく進みますと、焼き鳥金た郎さんなどが入るビルの1階奥にあります。

熊本の地酒と旬の食材を使ったおばんざい料理をメインに、一人でも気兼ねなく来店できる暖かみがある店です。


15時から営業!昼飲みも最適なお店

お店の入るビルの前にはこのような大きめの看板があります!

営業は昼の15時からスタートなので、遅めの軽い昼食でも利用できるのが魅力です。

まだ今年オープンの真新しいお店です。ですがすでに県内外からのお客さんも多いそうです。

ほっと落ち着く暖かい雰囲気の店内!

席は、カウンターの6席と奥の小上がりの5席のみ。コンパクトなお店ですが、、お客さん一人一人にしっかりおもてなしができるそうです。

小上がりの掘りごたつ席の雰囲気もいいですね!

料理は厳選した旬の地元食材での「おばんざい」料理!

お料理は、女性の料理人がその旬の季節に合わせて作った「おばんざい料理」が中心となります。

それも和食に偏るのではなくて、チキン南蛮やポテトサラダなど、来店するお客様の要望を踏まえてのメニューも取り入れているようです。

またシンプルながらとても人気なのが「ご飯もの」。こういうものが欲しかったと評判も上々のようです。

おばんざい料理と合わせたら、擬似的な定食風にも!?

つい手に取りたくなる料理の数々!

その日の食材によってメニューが毎日決まるので、いまま紹介している料理が必ずあるわけではありませんが、まずこれは、「太刀魚のあぶり塩焼き串」と「太刀魚の唐揚げ」。

このバシ!っと太刀魚を串刺ししてある感じが興味をそそられます。

癖のない白身で程よい脂が乗ったタチウオを、串焼きで食べられるのはとっても贅沢。

カラリ!と揚げた唐揚げも最高の逸品でした。

そして卵焼きも本当に美味い!綺麗な輝くかのような色合いに感じます。

この卵焼きはまさに高級料亭の味!この卵焼きは、人気も高いとのことで、頻繁に提供しているそうです。

ゴマもたっぷりの「レンコンの甘辛炒め」や…

「牛すき煮」などはもう一目みただけで堪りません!

おばんざい料理はなるだけ和食だけにならないように、幅広く和洋中と準備。

一から手作りのミートドリアなど、趣向の凝った料理も提供されています。

今回、特に私のオススメは、チキン南蛮! これがまた美味い!

もちろんタルタルソースも含めて全て手作りですが、南蛮の少し甘すっぱい味が本当にクセになる逸品。

これを食べにお店にきてもいい感じです。

文字通りの美人女将がお迎え!おかえり!と言って貰えそうなお店でした。

熊本のお酒を揃えて、いつも優しい笑顔でお迎えしてくれる美人女将の「土本」さん。

癒しと暖かみが共存する、熊本の新たな「おもてなし」のお店といえそうですね!

■熊本地酒と旬の小料理 おてもやん■

住所:熊本県熊本市中央区下通1-12-3 高津ビル1階

電話:096-285-9976

営業時間:15:00~23:00(22時L.o.)

定休日:日曜日

地図

お店のHPはこちら!

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

熊本を拠点に販売中!環境に配慮したデニムリメイクファッション「CALINA.」

2024.03.05

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal