*
とじる
*
とじる
*
とじる

以前、「段山町電停のそばに『ばすパス商店』っていう謎の看板のお店があるから調べて欲しい!」というお問い合わせがありましたので、調査してみました!


怪しい外観?謎のお店!

早速、「ぱすパス商店」の場所をグーグルマップで確認すると…

な、なんだこれ?

ぱす?パス?商店ということは何かの販売店?それにこの昭和の雰囲気がするタイル張りの外観と、「めざましTV」のような時計はなんだ!?

確かに謎です。

しかし、扉は締め切られており、その後、何度か訪れましたが、店が開く形跡がありませんでした。

謎すぎる建物で、使われていないのかと思っていましたが、ついに所有者とのコンタクトに成功!

謎の店の全貌が明らかに!?

「本格的に営業をはじめたので、ぜひいらして下さい」

と連絡を受けたのですぐに向かいました!

おおー。こうなりましたか!

※看板は「ぱすパス」になっていますが、現在正式な店名は「ぱすぱす」に変わっています。

今まで「一体何の店なんですか?」と聞かれていたんですが、まだ具体的には何もしていなかったんですよ。

つけ麺屋さんになるんですか?

はい!あと唐揚げなどの揚げ物も作っています。

つけ麺屋の給食ランチ?

廃校になった学校から譲ってもらった備品を使っているので、学校のような雰囲気になっています。なので、「給食ランチ」と名付けました。

外観も内観も謎の雰囲気

一歩店内に入ってみると、なかなかの異空間。

テーブル・椅子は、昭和の小学校の備品が使われています!昔の小学校風なレイアウトも!

そして、この懐かしいデザインのタイルの数々!

今時見ないでしょ?これは古い倉庫から出てきて処分予定だったもので、多分40年くらい前のタイルだそうです。

昔の銭湯にあったタイルのようですね!

つけ麺は魚介と豚骨、辛旨!

とりあえず食事はつけ麺が自慢!とのことなので、つけ麺をいただくことに。魚介・豚骨・辛旨の三種類のつけ汁があります。今回は濃厚魚介つけ麺を注文。

おお!本格的で美味しそうなつけ麺が出て来ました!!

魚介系の味わい深いつけ麺汁でいただきます。

これは本当に美味い!!

怪しい外観の謎の店で、こんな美味いつけ麺が食べられるとは!

唐揚げも濃厚ジューシーで美味い!

給食メニューも登場!

黒板にはつけ麺の他に、日替わりの給食ランチも!

うわ!これもなんか本格的で懐かしい!揚げパンなども美味しそう。

器も今では珍しい「アルマイト」のお皿ですね。もちろんデザートはムース!

ところで「ばすぱす」ってどういう意味?

の店名の「ばすぱす」ってどういう意味?

元々ここは地域の交流スペースとして立ち上げたんです。せっかくいいスペースなので何か食事でも思ったら、ある人気飲食店のオーナーが、私にならとレシピを教えてくれて、このようなこだわりの料理を提供できています。

それは凄い話ですね。

店名は、地域の人と人をサッカーのような「パス」で」つなげる「パス!パス!」をひらがなで。

「交流に使える民間のスペースがないか?」という声を形にしたものです。ご予約でフリースペースとしても貸し出しています。カラオケやプロジェクター、wi-fiも設置して、ドリンクバーも付けました!

さらに二階も思い余って教室風にしちゃいました! ここで実際にセミナーや会議なども行えます。

新町の不思議な拠点「ぱすぱす」は地域愛に溢れるオーナーのお店でした!

現段階では人手の関係で夜はまだやっていないそうですが、準備できたらBarも始めるそうです。内装見る限り、夜のお酒も面白そう!

まずは、お昼のつけ麺や唐揚げテイクアウトも美味しいので、一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

■つけ麺・惣菜・地域交流サロン「ぱすぱす」■

住所:熊本市中央区新町3-9-4

電話:096-321-6309

営業時間:11:00~18:00(変動あり)

定休日:不定休

地図

お店のInstagramページはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03