*
とじる
*
とじる
*
とじる

新元号が「令和」に決まったことに伴い、肥後ジャーナルは「令和ジャーナル」に生まれ変わりました

ライター:りよう りよう
キーワード:

本日、4月1日11時30分、平成に変わる新元号が「令和」となることが発表されました。

それに伴い、肥後ジャーナルは本日12時より、「令和ジャーナル」に改名いたしました。新しい時代が、豊かな時代となるように、今後は令和の時代の熊本について情報を発信し続けたいと思います。


新しい時代「令和」

旧・肥後ジャーナルでは、かつて「【小ネタ】あと2年で平成が終わる?次の元号が何になるのか真剣に考えてみた!!!」という記事を公開していましたが、見事に外れました

新元号は、万葉集が出典で、「時に、初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」という一説から引用されているそう。難しいですね。

「令和」には、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。課題の多い現代社会で、熊本も美しく心を寄せ合い、文化を生み育てていく都市であれるよう、私達もみなさんと一緒に頑張りたいと思います!!

令和ジャーナルのこれから

令和ジャーナルでは、1カ月後に迫る改元に合わせて県内で開催されるであろう新年号の祭事やイベントの情報も扱っていきたいと思っています!新しい時代に胸膨らませ、みんなで未来へ進んでいきましょう!!

【2019/04/02 追記】…というエイプリルフール企画でした

「令和ジャーナル」はエイプリルフール企画でした!!

すでに、元の肥後ジャーナルに戻りました!!

残りの平成も、そして次に来る令和の時代もどうぞみなさんよろしくお願いします!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

最近、存在感が低下している肥後ジャーナルの元編集長です。今何してるんですか?とよく声をかけられますが一生懸命生きてます。 登場した際には温かく見守ってください

このライターが書いた他の記事

熊本で唯一SIMフリーiPhoneが発売日に購入できるお店を発見!意気込んで早朝から並んでみた

2020.11.13

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal