*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本県災害ボランティアセンターが5月31日をもって閉所【今までありがとう】


「熊本地震」の“前震”の翌日から発足した「熊本県災害ボランティアセンター」が一旦その役割を終えます。

引用元:https://www.facebook.com/kumashakyo/

熊本県社会福祉協議会」からの発表によると、平成30年5月31日をもって熊本県災害ボランティアセンター」が閉所することになったそうです。

すでに各市町村単位での「災害ボランティアセンター」は、今年3月末をもって全て閉所されており、その後処理などで熊本県のセンターだけ運営していましたが、5月末に終了となるようです。

今後の活動は、また新たな災害が発生しない限りは「熊本県社会福祉協議会」本体内の活動として進められていくそうです。

熊本地震から2年以上、まだ復旧・復興はこれから!という地域も少なくは無いかとは思いますが、全国からたくさんのボランティアを受け入れてきた「熊本県災害ボランティアセンター」の閉所は、熊本地震からの一つの区切りとなります。

関わったボランティアの皆さまの数は、「のべ12万人」

熊本地震前震の翌日からスタートしたボランティアセンター。「熊本県社会福祉協議会」が公表しているボランティア活動者数は、4月18日(月)に一番最初のボランティア受け入れが始まり、17名を受け入れています。翌日19日には175名となり、その4日後の23日には2663名と急増しています。

そして4月30日(土)には、統計上1日最大数の3402名を記録。4月半ばの震災発生で、その月末には、3000名を超えるボランティアの皆さまが全国から集まり、復旧を手助けしてくださいました。

記載によるとボランティアの受け入れは、なんと今年の3月3日までおこなわれており、その日は6名のボランティア活動数。

一番最初の28年4月18日から、30年3月3日までのボランティアののべ数でいうと、120516名。実に12万人がボランティアとして関わってくださりました。

まだまだ、復興完了までは道半ば。ボランティアに携わってくださった方々はもちろん、応援してくださった皆さまに感謝しつつ、熊本に住む私達も頑張っていきましょう!

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal