*
とじる
*
とじる
*
とじる

わたしの事は忘れてもPARCOの事は忘れないでください~熊本PARCO、一旦卒業~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

春。暖かさが訪れると共に、人生で度々訪れたの別れの季節であることが蘇り、心が濡れたようななんとも言えない感傷に浸ってしまう時期。

そんな中私たちの「熊本PARCO」が閉店。一旦卒業という形になりました。

それぞれに素敵な思い出に溢れていたことでしょう。

今日は「PARCO卒業」として、本日のラストPARCOの様子と、肥後ジャーナルライター達の思い出をご紹介します。


そこにあることが当たり前だったPARCO

今から33年前キラキラに輝いた熊本PARCOが誕生。その当時福岡にPARCOが無かった事から、熊本県民は「福岡に勝ったぞ!!」という謎の勝利感に溢れていた気がします。勝手に勝利に浸る熊本県民…。

卒業宣言をしたPARCO。さてどのあたりか分かりますか?

見慣れた景色もいざなくなるとなると、とても寂しい気持ちでいっぱいになります。特に今年はタンクマ休刊やPARCOが閉店するなどその時代に青春を過ごしていた世代にとっては、非常に感慨深いもの。

しかしメソメソ言っても仕方ありません!

皆さまそれぞれにPARCOの思い出がある。

まずは思い出をよみがえらせ、新しいPARCOを待つとしようではありませんか。

PARCOの思い出はきっとキラキラしているはず

PARCOでデートし、PARCOで別れ、PARCOに集合してた。誰しもそんな経験があるはず。

いつもはやさぐれている肥後ジャーナルライター陣だって、そんな時代があった(はず)。

ということで、「PARCOの思い出を語ってください」とアンケートを実施してみました。

ひらの

皆さん~!PARCOの思い出を教えてください!

羽田さえ

移住してすぐ「12時にパルキュー前で」と当然のように言われました。「パルキューってどこ?」「PARCOの前にある玉だよ」「玉?」みたいな。行ってみたら「なるほどー!」でした。

かなこ

私はパルキューというおしゃれな言い方ではなかったよ!「PARCOの玉の前ね!」という待ち合わせでした。

ムトー

玉ね!はいはい。

写真あるから使ってね!名前はグラニット・ボールよ!

これはアナタ達が「過酷なグリコじゃんけん企画」したときのものじゃん!

かなこ

ポケベルで「865 100 08 164」(パルコ 玉 前 いるよ)が定番。先に到着した人が玉をぐるぐる回しながら待ってましたね。

ひらの

もはや、玉のことばかり!!!

違いますよ!みんな!もっとPARCOでのキラキラした思い出が欲しいんです!

誰に聞いてもなかなかキラキラした素敵なエピソードが出てこない。

掘っても掘っても、玉のことばかり。

そこで、ムト―にも聞いてみることに。回答がこちらです。

ちょちょちょちょーーーーー!!!なになになにーーーー!?どういう事ーーーー!?!?

「月曜から夜更かし」のインタビューじゃないのよ?私マツコ・デラックスみたいな返し出来ないよ?記事に出来ないなら何で言った?いつもドスの効いたエピソードで、皆がドン引きムトウ。(みんなが大好きムトウ、震)

ひらの

え?なんでほんとに誰もキラキラエピソードもってないの?デートとかさ!!

私の思い出は20年くらい前にPARCO屋上で千原兄弟のイベントがあったこと。コアなファンが列を作ってました。お二人が「えー!?ほんまにこんなとこでやんのー!?めっちゃ営業やん!!」と笑いながらも盛り上げてくれたことを思い出すんですが…。

こういうさ、PARCOの内部での思い出よ。ね?わかる?皆さん。

このあとも、誰に聞いても特段キラキラした思い出は出てきませんでした…。

では質問を変えてみましょう。

よく考えてみれば、人に語れるほどのキラキラエピソードなんてさほどある訳がないんです。

てことで、質問を変えることに。

ひらの

よく行ってたショップを教えてください!

新人ライター

パンダ二匹のキャラ…ラバーズラバーズ!?(※スーパーラバーズ)めっちゃ好きでした!

りよう

ナノユニバーズ、ヴィレッジバンガード、コレクターズによく行ってましたね。PARCO→地下フェス→ダイエーが遊びコースでした。

りよう

高校生の頃は放課後、地下のトイレでプチ着替えしてましたね。ソックス履き替えて、坊主隠しニット帽被り、PARCOの階段に座ってるのがイケてるみたいな。

サンキューマートでよくスナップ撮ってもらってました!

※「お茶会」とは言の日常である。

ひとつの時代の終わり、そしてまた光へ

なんだかまともに書いた私の思い出がくだらなく思えるような肥後ジャーナルライター陣の思い出。しかし書いているうちに本当に楽しかった思い出と共にPARCOがあった事をしみじみ感じます。

ほんとうにありがとう。PARCO。思い出をありがとう。

この場所でいてくれてありがとう。

輝く私たちの未来で、また必ずお会いしましょう!!!!

熊本PARCO

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ひらの

ひらの

古いもの好きでも新しいもの好きでもない、好きなものが好き!な映画マニアの洋服作り人。 熊本の好き!をガツガツ探します。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

PUBLIC RELATIONS

水俣市湯の児にある「亀万」という津奈木町の酒蔵をパクったような名前の居酒屋に最高の食と出会いがあった!

2020.09.20

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal