*
とじる
*
とじる
*
とじる

【至福の一時】四季の丘の絶景式場ランチに行ってきた!!!


四季の丘のランチ

皆さま、普段は結婚式場なんて用事が無ければ利用はしませんか?
そう・・・私も、その一人でした・・・。しかし今回、利用して
「たまには、こういう場所で現実逃避したい」と思いました。
そして、そんな気持ちにさせたお店は
「四季の丘 メゾン・ド・フォレスト」です。

IMG_7430

メゾン・ド・フォレストってどこにあるの?

北区大久保、3号線沿いの高台にある
「四季の丘」という結婚式場の敷地にあるレストランです。大きな看板が目印です。
スピードが出やすい場所なので入りそびれない様にです!(私は1度・・通り過ぎました・・・)

IMG_7450

IMG_7432

IMG_7431

ぐるぐる登り上に着いたら凄く見晴らしがいいのです!!さあ、入店しましょう。

店内

IMG_7435

IMG_7434

IMG_7436

4人かけテーブルが並びテラス席もあります。
実は奥にカウンター席があり凄く良い眺めで、ご飯を食べることが出来ます。
私はカウンター席にしました。優雅に席に通して頂いてドキドキしてきました。

メニュー

IMG_7433

IMG_7451

メイン料理が選べるものとお肉もお魚も楽しめるものとあります。・・・迷います。
思い切って、どちらも紹介できる(楽しめる)コースを選んでしまおうかな。
決めました!どちらも楽しんでみます!!

他のメニューは

  • フレンチカレー シェフ特製 2種のソース 1000円
  • フレンチカレー シェフ特製 2種のソースハーフ(1/2)サイズ 500円
  • シーザーサラダ 500円
  • コンソメ サイフォン 500円
    が楽しめドリンクもあります。

来ました!!お料理!!

IMG_7438

前菜です

サツマイモのピュレ、野菜のマリネ、クリュディナ、サーモンのクロケット、たまごの蟹詰めミモザ、シュークルート、コリアンダーが乗っている豚肉料理です。
たまごがスクランブルエッグでいい舌ざわりです。(しかし、不器用な私は、たまご崩しそうでした)

お皿に乗せているお花は食用ですし、お皿にあるソースもつけてお料理を楽しめれます。

コンソメサイフォンです。

こんなコンソメスープ初めてです。

IMG_7437

IMG_7440

パンとオリーブです。

オリーブオイルとパンが美味しくてついついメインが来る前に食べてしまいました・・・。

IMG_7439

魚料理です

IMG_7441

舌平目です。めちゃめちゃ柔らかい~~!!口の中でほろっと溶けてしまいます。お魚ってこんなに美味しかったんだ・・・。

肉料理

IMG_7442

IMG_7443

出されるお野菜は県産など選び抜かれて美味しいのですが豚肉とっても美味しい!!もっと噛んでいたいです・・・。
豚肉のジューシーなうま味と柔らかさが口の中に広がり消えてしまいます・・・グッバイ、豚肉。

デザート

ふわふわのヨーグルトの下に柑橘のゼリーがいます。
そのゼリー下はカカオ風味のムースでフワフワです。どうしましょ、口の中で溶けてしまいます・・・。

IMG_7444

IMG_7445

IMG_7446

ヨーグルト、柑橘、ムースの調度良い酸味のハーモニーが口の中で消えていきます。
後は珈琲だけと思うので大事に食べよう・・・。

IMG_7447

あれ?ケーキも来ました!!口直しに最後にお芋と林檎のチーズケーキも楽しめるとは・・・。
こんなデザート来ないと思っていたのでビックリです。

感想

丘から見下ろす市内の風景はとても気持ちよく丁寧に出して頂ける、お料理で非日常を感じました。
たまには何も考えない時間も必要だな・・・と思います。
絶品のお料理も楽しみ少しでもボーっとする時間を作りにきませんか?お友達や大事な人との御飯もいいと思います。

式場なので赤ちゃん用のベッドもありますし、子連れでご飯されているご夫婦も見かけました。
コース料理って男性の方はチマチマ食べて食べた気がしないという方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
そこは2件目でカバーするのはいかがでしょうか?

美味しいお料理と時間御馳走様でした!!

IMG_7449

メゾン・ド・フォレスト

■四季の丘 メゾン・ド・フォレスト■

営業時間:11:00~19:00
定休日:第2・第4水曜日(祝日は営業)
TEL 096-325-0077
住所:熊本市北区大窪2-9-1
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

熊本県産フルーツを使ったフレッシュカクテルが美しい!西銀座通りのBar「Calme(カルム)」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25