*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本市西区にある城山公園のそばを車で走っていると、可愛いマークの小さなお店を発見。

あとで調べてみると、月の半分がお休みで閉店前に売り切れてしまうこともあるというプリン専門店。

その名も覚えやすいSPOON(スプーン)

事前に、電話で取り置きをして行ってきましたよ!


可愛いスカイブルーの小屋が目印

一昨年11月に、熊本市西区にある風雅城山店の真向かいにOpenしたプリンとパンナコッタの専門店SPOON(スプーン)

青空に映えるスカイブルーの小さな小屋が、なんとも可愛らしい佇まいです。

店舗前には6台分の駐車場があり、水路橋を渡って入るので通りからはのぼりを目印に見つけてみてくださいね。

定休日にご注意を!

お一人で切り盛りされていることもあり、月・水・金と日曜(第1・第3・第5)が定休日というこちらのお店。

しかし理由はそれだけではなく、お店の看板商品でもあるプリンにその秘密が!実は、出来立てのプリンよりも少し寝かせたプリンの方が引き締まって美味しくなるんだとか。

そんなこだわりあるプリンには、ファンの方も多く日によっては閉店時間を迎える前にsold outになることも。

早めに売り切れてしまった際は、店舗前の看板のほかInstagramでもお知らせされるそうなのでご来店前にチェックをお忘れなく!

そして、看板に後付けされたであろう「レトロプリンシェイク」と「カスタードプリンシェイク」の文字を発見。

冬でもアイスを食べたい派としては、絶対に見逃せない!!

プリンが飲めるってよ!

こぢんまりとした店内は、山小屋のような木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気。

正面のショーケースの中には、2種類のプリンとソースが選べるパンナコッタが3種。

そしてこの並び順は、甘さのバロメーターにもなっているそう。

左から、素朴でどこかなつかしい味のレトロプリン¥400(税込)

ベリーミックスマンゴーイチゴのソースが選べる3種のパンナコッタ¥400(税込)

生クリームのこくとなめらかな味わいのカスタードプリン¥400(税込)

左から右にいくに従ってだんだんと甘くなっていくので、レトロプリン側から食べ進めるのが店主のおすすめだそうですよ。

そして、入り口からずっと気になっていたプリンシェイク。

ということで、まずはプリンシェイクを注文。
この日は、すでにレトロプリンシェイクは売り切れということでカスタードプリンシェイクをチョイスしました。

昭和の台所を思い出させる磨りガラスの仕切りの向こうで、響き渡るミキサーの音。プリンシェイクは、注文を受けてからひとつひとつシェイクされるということで1個あたり5分程お時間がかかるそうです。

車で待ちたい方やミキサーの音が苦手な方を気遣って店主が車まで届けてくれるそうなので、シェイクを注文された際は時間に余裕をもってゆっくりお待ちくださいね。

アンティーク家具やインテリアが好きだという店主のコレクションが、たくさん飾られた店内。

センスよく並べられたレトロで可愛いコレクションを眺めていると、待ち時間も楽しく過ごせました。

取材を続けていると、以前来店して美味しかったということでカップルの方がシェイクを買いにこられたところに遭遇し、さらに期待が高まります。

しばらく待っていると…待望のプリンシェイクが登場。

ミルクやアイスクリームとシェイクされて、クリーミーでなめらかな喉ごし。甘くて冷たいバニラアイスのあとに、美味しいプリンとカラメルソースの風味が時間差で鼻を抜けていきます。

シェイクには、店主のご主人のアイデアから生まれたプリンを凍らせたアイスプリンが使用されているそう。在庫があれば購入することも可能(¥400/税込)なので、お店の方に聞いてみてくださいね。

ちなみに、アイスプリンは半解凍で食べるのがおすすめだそうですよ。

手土産にもおすすめ

ご購入後は2日以内にお召し上がりください。

テイクアウト専門店ということで、レトロプリンとカスタードプリンにベリーミックスとマンゴーのパンナコッタを購入して帰りました。

持ち帰りの紙袋にも可愛いSPOONのマークが入っており、手土産としても喜ばれそう。持ち帰り時間が長い場合は、保冷バックや保冷剤の持参がおすすめです。

家に帰って、まずは一番人気のレトロプリンをいただきました。試行錯誤を重ねて、プリンを逆さまにしてもしっかり形の残る今の固さに辿り着いたそうです。

プリンの半分ほどがカラメルソースに染まり、優しい味のプリンが二層となって味わい深い美味しさ。

中よりも表面の方が、ちょっとだけ固めな感じも手作り感があってなんだか懐かしい。

店主曰く今日はちょっとカラメルソースがビターに仕上がったというカスタードプリンも食べ比べてみましたが、なめらかでプリン自体も一般的なお菓子屋さんに比べると上品な甘さでした。

生クリームを使用したなめらかなパンナコッタは、果実の食感が残る爽やかなソースがアクセント。甘いマンゴーやベーリーの酸味とパンナコッタの甘さが絶妙なバランスのフレッシュソースがGood!

昭和のプリンアラモードに恋をして

「子どもの頃に食べたプリンアラモードがすっごく美味しくて」と笑顔で話す店主。あの時に感じたちょっとだけ固めのプリンがどうしても忘れられず念願のプリン専門店をオープンされたそうです。

目指したのは記憶の中のプリンアラモード。記憶だけを頼りに完成した絶妙な固さのプリンは、子どもから大人まで様々な年代の方が買いにこられるそうです。終始笑顔で優しく応じてくれた店主のお人柄もあって、ここのプリンがお気に入りで買いに来ましたと通われるファンも少なくないとか。

自分のように、今のこのプリンの固さと味を求めてお店にいらっしゃる方のためにもアレンジなどはせず、これからもこの味を守り続けていきたいとおっしゃっていました。

そんな優しくて懐かしい味を、ぜひ一度ご賞味ください。

SPOON

住所

熊本市西区城山下代3-6-11

駐車場

6台

営業日

火・木・土・日(第2/第4)

営業時間

11:00~16:00(売り切れ次第終了)
※Instagramにてお知らせ

Instagram

https://instagram.com/spoonretro/

ご予約&お取り置き

お電話にて、ご予約やお取り置き可能。
商品在庫があれば、当日のお取り置きもOK!

※営業時間外のお受け取りの場合は、お電話の際にご相談ください。

電話番号 080-5248-7755

ライター紹介

ogin

ogin

なかなか昭和から抜け切れずにいるogin。人の想いや温もりに触れることが好きで、頭の中でひとり情熱〇陸を繰り広げる日々。泣いたり、笑ったりしながら楽しく生きています。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

PUBLIC RELATIONS

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal