*
とじる
*
とじる
*
とじる

炭火で焼くからより美味しい!菊池にある“安くてうまい“「炭焼き肉太郎」で気軽に焼肉!

ライター:なめ子 なめ子
キーワード:

菊池で気軽に焼肉ができる“安くてうまい”古民家風焼肉店がある!と聞いてやってきたのが、「炭焼き肉太郎」。

菊池米と一緒に、旭志牛などの絶品お肉をお手頃価格で!炭火で焼くため、美味しさ倍増ですよ。


この看板が目印!

菊池方面へ進んでいると、国道387号線沿いにでかでかと「炭焼き肉太郎」と書かれた看板が!気になっていた人も多いのでは無いでしょうか。ここ、一昨年オープンされた古民家風焼肉店。奥へ入っていきましょう。

確かに、古民家風!熊本で古民家風焼肉店って珍しい。店内へ入っていきましょう!

木のぬくもりが感じられる内装で、すごく落ち着きます!

ランチメニューは、こちら。人気は、ボリュームがすごいと噂の塩からあげ定食。おすすめは、ホルモン煮込定食だそう。この他に日替わり定食もありましたよ。

今回は、“炭火でじっくり焼いた美味しいお肉が食べたい”ということから「肉太郎牛カルビ定食」を注文しました!

旭志牛を堪能!!炭火で焼くから、さらにうまい。

炭火が用意されました。1人でじっくり炭火焼肉を味わっていきます。

出てきました~!こちらが、旭志牛。店主が元々肉屋のため、お店には厳選された良いお肉が揃っています。美味しそうですね~。

だご汁と小鉢がついてきますよ。

旭志牛と一緒に頂くのは、菊池米!この菊池米を食べて大きく育ったなめこ。だからこそ伝えたいんですけど、菊池米って本当に美味しいんです!!

では、お肉を焼いていきます!

いい感じに焼けました!頂きます!

さすが旭志牛。めちゃくちゃ美味しい。

タレと絡めると最高にうまい。

炭火で焼いたことでお肉が柔らかくなっており、絶品でした!

さらに追い打ちをかけるのが、菊池米!つやつやで、美味。そりゃ、絶品の肉に合いますよ。一杯おかわり無料に弱いなめこ、もちろんおかわりしちゃいました。

最後には、コーヒーが!!これで、1000円!!税別)

“安くてうまい”とは、まさにこれ。

リーズナブルに、気軽に焼肉を楽しめました。

まとめ

「炭焼き肉太郎」いかがでしたか。炭火で焼く旭志牛は、一味違いました!!からあげ定食やホルモン煮込みも美味しい!と評判です。

“安くてうまい”リーズナブルなおいしさをお求めの方はぜひ、立ち寄ってみてください!

炭焼き肉太郎

住所

熊本県菊池市木柑子1784-1

営業時間

11:30~14:30

17:00~22:00

定休日

木曜日

SNS

Instagram

電話番号 0968-24-0500

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

なめ子

なめ子

ふっ軽代表21歳。好きなものは、ビール。いつも食べ飲み歩きしてます。チャームポイントは、21年間虫歯0の歯です。

このライターが書いた他の記事

高森にある「とくまる食堂」は、まさに「ここだけでしか味わえない」もののオンパレードでした

2021.07.24

炭火で焼くからより美味しい!菊池にある“安くてうまい“「炭焼き肉太郎」で気軽に焼肉!

2021.07.15

酵素玄米・無農薬野菜を中心としたランチ!玉名にある「ちゃぶ台」で健康的な体へ!

2021.07.14

“山鹿に来たならジンギスカン”山鹿唯一のジンギスカン・馬焼き専門店「上田屋」のランチで柔らか~いお肉を堪能!!

2021.07.12

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal