*
とじる
*
とじる
*
とじる

菊池川をのぞむ露天風呂付き客室!「山鹿温泉 清流荘」

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

熊本市内中心部から1時間ほどで行ける山鹿の温泉旅館「山鹿温泉 清流荘」へ一泊してきました。

開放感ある露天風呂付きの客室で温泉を楽しめると評判のお宿です。


「山鹿温泉 清流荘」って?

清流荘遠景

「山鹿温泉 清流荘」は明治41年に創業した料亭「鹿門館」が前身。

昭和初期に屋号を「清流荘」に改めたという歴史ある老舗旅館です。

清流荘外観

「鹿門亭」と「水鏡庵」に分かれており、今回宿泊するのは向かって左手の水鏡庵です。

菊池川

気軽に行ける近場の温泉でありながら、菊池川に面した静かなロケーションは非日常感たっぷり!

のんびり過ごせる雰囲気です。

さらに千代の関酒造に隣接し、豊前街道の古い街並みの散策にぴったりの立地。

さくら湯や八千代座など、山鹿で人気の観光スポットにも歩いていける距離でした。

足湯
ロビーのほど近くには、中庭に面した足湯もあります。

到着してすぐに入るもよし、温泉街を散策した帰りに足を休めるのにも重宝します。

水鏡庵の露天風呂付き客室で温泉三昧!

客室1

宿泊するのは和洋室、温泉の露天風呂付きの客室です。

和室

リビングとベッドスペースに加えて和室もあり、70㎡と広々しています。

ベッドルーム

あらかじめベッドメイキングされているので、すぐにでもゴロ寝OKです!

清流荘露天風呂1

バルコニーにはリバービューの露天風呂があります。

もちろん大浴場も利用できますが、お部屋付きの温泉は格別の楽しみ。

深夜や早朝を含め、いつでも露天風呂の温泉に入れる幸せを満喫できます!

清流荘露天風呂2

くつろぎスペースも完備。アルカリ性単純温泉のやさしいお湯で、美肌の湯と呼ばれています。

個室でいただく和懐石

食事は個室の食事処「旬菜 きよたき」で、旬の食材をふんだんに使った季節感のある懐石料理を楽しめます。

清流荘夕食1

思わず目を奪われる美しい盛り付け。

うど、こごみ、タケノコなど春気分を満喫できる食材のほか、お造り盛り合せや鴨肉など大人好みの献立で、お酒も進みます。

清流荘夕食2

春らしい桜えびの炊き込みご飯も、しみじみとしたおいしさ。
料理は月ごとに変わるので、別の季節に訪れる楽しみもありそうです。

清流荘朝食

朝食も小鉢がたくさん並んで、美しい室礼(しつらい)。白ごはんかお粥の好きな方を選べます。

まとめ

中庭と足湯

「山鹿温泉 清流荘」は、ゆったりくつろげる正統派の温泉旅館。

女将さんや仲居さん、フロントスタッフさんなどのおもてなしも心地よく、日常を離れてのんびりできます。

2019年のゴールデンウィークの予約状況は、すでにかなり埋まってきているとのこと。

日によっては若干の空きもあるようなので、ゆっくりとした時間を過ごしたい方にはおすすめですよ!

山鹿温泉 清流荘

住所

熊本県山鹿市山鹿1768

ホームページ

http://www.rokumon.com/index.htm

電話番号 0968-43-2101

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

1970年代生まれのトラベルライター。結婚を機に熊本へ移住し、普段は中央区をうろうろしています。おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系も好き。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】ひまわりと一緒に楽しめる 北区北迫町の「寂心さんの樟(じゃくしんさんのくす)」

2019.08.06

【くまもとの巨木】 まるでトトロの世界!菊池市の「村吉の天神さん」

2019.07.29

2月にできた噂の焼き芋専門店「ミツイモタイム」九品寺店のあまーい焼き芋!

2019.04.24

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03