*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市】新登場の話題作!「天下一品」で史上最強こってりラーメンを食べてきた!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。川上です。

みんな大好きなラーメン。世間では不健康なイメージもありますが、それもまたいいですよね。

『思いっきりジャンクなラーメンが食べたい!』『超こってりラーメンが食べたい!』って思うことはありませんか?

こってりラーメンで全国的に有名な「天下一品」。

そんな「天下一品」がとんでもないものを出したそう。

それは

引用:公式ホームページ

天下一品史上最強こってり
『こってりMAX』

6月12日から全国の店舗で販売されています。(一部販売していない店舗あり)

こってりラーメンが名物のお店が本気を出したこってりラーメン。これは1度食べなければ。そんな使命感に駆られ、天下一品へ『こってりMAX』を探しに行ってきました。


熊本でも販売中!天下一品『こってりMAX』

やってきたのは天下一品 南高江店。遅い時間に行ったんですが、それでも多くの人で賑わう人気店。熊本で『こってりMAX』を販売されているかは突き止められなかったので、直接突撃しました。

お店に入ると早速【こってりMAX】のポスターを発見。熊本でもこってりMAXが食べられます!ちなみに、健軍店でも食べられるそうです。

店内にはテーブル席とカウンター席があります。テーブルが広く席と席との間隔も広いので、ゆっくりとラーメンを楽しめます。

メニューを開くと、1番目立つところに【こってりMAX】。

ラーメンのスープは5種類から選べますが、今回は迷わずこってりMAXです。

実食!天下一品の本気!最強こってりラーメン

こってりMAX(並)1,190円

しばらく待つとラーメンが到着。確かに見た感じはスープがどろっとしています。

なんと…レンゲが立つ!

これは本当に最強こってりラーメン。

レンゲですくうと、スープと呼んでいいの?というくらいのどろどろ感。例えるなら…ヨーグルトのようなどろっとしたスープです。

スープは、麺にしっかり絡みます。

スープには鶏がらだけでなく、十数種類の野菜も溶け込んでいるそう。だから、後味がすっきりしていて美味しく頂けます。

卓上調味料も豊富なので味変も自由自在です。

私は秘伝のからし味噌で味変しました。

濃厚なスープにピリッとした辛味がアクセントになって美味しい。食欲を掻き立ててくれます。

そして完食完飲!
普段はラーメンのスープを飲み干せないことも多いのですが、飲み干せました!

よく見てみると、こってりMAXは専用のどんぶりにレンゲ。そして、飲み干せたからこそ読めるメッセージもありました。かなり特別感がありますね。

まとめ

「天下一品」から新しく発売された天下一品史上最強こってり『こってりMAX』を食べてきました!

レンゲが立つほど濃厚などろどろスープは、こってりながら美味しく最後まで飲むことが出来ました。多くのファンがいる天下一品のなせる業を見せつけられた気がします。

ぜひ、天下一品へ行ったら『こってりMAX』にチャレンジしてくださいね。

天下一品

所在地

【南高江店】
熊本県熊本市南区南高江3丁目2-87

営業時間

11:00~14:30(OS14:15)
18:00~22:00(OS21:45)

定休日

公式ページをご確認ください

ホームページ

https://www.tenkaippin.co.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/tenkaippin_jp/

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】4月14日オープン!出汁のプロによるラーメン屋「おだしと麺 むら平」の本気が凄すぎた。

2024.04.15

【阿蘇郡高森町】大自然の中で自分の”やりたい!”を開放!「奥あそフルーツガーデン」で多種多様な体験にチャレンジ!

2024.04.13

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal